FC2ブログ
RSS
プロフィール

Kyo-to (キョート)

Author:Kyo-to (キョート)

線路を走るのは何でも「デンシャ」ぐらいのユルさで鉄道旅を通して出会った風景や人、古い駅舎や古い町並みを記録していきたいと思っています。時々、地元京都。
リンク、そして古い記事でもコメントなど、お気軽にどうぞ。

※万が一、写真を気に入ってもらえて、私的な保存などは構いませんが、改変・転載等は勘弁してください。


JWordクリック募金


recommend_bnr03.png

カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
メールでのご意見・ご質問はお気軽にコチラへ

お名前:
アドレス:何か入力しないと送信できないみたいです
件名:
本文:

天浜線駅めぐり #6  天竜二俣駅  〔静岡県〕

09 12, 2009 | 天竜浜名湖鉄道

5 Comments
090719-28
まだ続く天浜線=天竜浜名湖鉄道の駅めぐり、第6回目は
本社や車両基地もあって天浜線の中心的な駅、天竜二俣(てんりゅうふたまた)駅です。
ホームも3番まであって、この時はすべてが埋まって活気にあふれ、何だか壮観でした。
Nikon Ai AF Nikkor 24mm F2.8D

090719-29
国鉄二俣線開業時(1940年)からの木造駅舎が残っています。
当時の駅名は「遠江二俣(とおとうみふたまた)」。
Nikon Ai AF Nikkor 24mm F2.8D

090719-30
ここは遠州天竜下りという天竜川の舟下りの拠点でもあります。
(JR飯田線沿いの天竜舟下り、天竜ライン下りとはまた別のようです)
Nikon Ai AF Nikkor 24mm F2.8D

090719-31
天竜二俣駅の駅員さんを。やっぱり別格の駅なのか、他にもたくさんおられます。
Nikon Ai AF Nikkor 50mm F1.4D

090719-32
そして何と言っても、駅の東側に広がる国鉄時代からずっと使われている機関区。
残念ながらイベント時などを除いて普段は立ち入ることはできませんが、
往時の面影を偲ばせてくれる風景です。
Nikon AF-S VR Zoom-Nikkor ED 70-300mm F4.5-5.6G(IF)

090719-33
国の登録有形文化財に指定された転車台や扇形車庫などが現役で活躍してるそうですが、
個人的にはこの建物にハートをわしづかみされました!(往路の車内からの撮影)
Nikon Ai AF Nikkor 50mm F1.4D

090719-34
今は使用されていませんが、駅舎の脇にかつての腕木式信号機も。
Nikon AF-S VR Zoom-Nikkor ED 70-300mm F4.5-5.6G(IF)

9/13追記:
コメントをいただいた、どんぶりさんがご自身のブログ「どん・ぶろ。」
この機関区が入場券を買うと自由に見学できた頃の記事をアップしてくださいました。
機関区の様子がよくわかりますので、ぜひご覧になってみてください。
「天竜二俣機関区のこと」



撮影日:7月19日
カメラ:Nikon D700

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ 拍手も併せてありがとうございます

« 天浜線駅めぐり #7  キハ20-443とナハネ20-347  〔静岡県〕 天浜線駅めぐり #5  遠江一宮駅と遠州森駅  〔静岡県〕 »

5 Comments

おはようございま~す
昨日は自分もこの駅に行ってきました^^
ここの地域は街並みも古い建物が残っているので
懐かしい看板や物を探すにはもってこいの場所なんですよね^^
ここの駅舎は古いうえに大きいので見ごたえがあります。
そう言えば昨日は転車台の見学とかも行われていました^^
ぽち!

by sakura | 09 12, 2009 - URLedit ]

ご無沙汰のカキコミです(^^;;

天竜二俣の機関区は以前は「訪問可能」だったはずです。
かれこれ3~4年ほど前、見学可ということをネットで情報収集して訪問。
kyo-toさんが「ハートをわしづかみされた」建物に入って記帳して
あとは気をつけてね・・・という感じで転車台を撮影させてもらいました。
暑かったこともあってあっさりと引き揚げてしまいましたが
今思うと、もっといろいろ撮っておけばよかったですね(^^;;

by どんぶり | 09 12, 2009 - URLedit ]

追伸:
当時の写真を探したのでこちらもブログのエントリーにしてみました♪
「URL」から入ってみてくださいね。

by どんぶり | 09 12, 2009 - URLedit ]

こんばんわ。

いま日常使っている駅が、なかなか趣きのある名前で
結構気に入っています。
名前に優劣なんてないけれど、自分の使う駅の名前が好きか
どうかって、結構大きいと思います。

そんなことを「とおとうみふたまた」という
珍しい駅名を読みながら考えました。
自分で現地に行って機関区を見てみたいなぁ。いいですね!

by pltr0 | 09 12, 2009 - URL [ edit ]

>sakuraさん
さすが地元のsakuraさん、気軽に訪問できる境遇が羨ましいです。
街並みもぜひ見てみたかったんですが、
駅だけでも見所が多すぎて時間が足りませんでした(泣)。

>どんぶりさん
こちらこそご無沙汰しててすいません(汗)。
何と!あの素晴らしい機関区をいつでも見学できた頃があったんですね。
ダメになったのは、僕みたいな「にわか」鉄道ファンが増えた弊害でしょうか(泣)。

素晴らしいエントリーまで用意してくださって、
僕も見学が叶ったような気分になれました。
ありがとうございます。
後ほど、この記事に追記させていただこうと思います。

>pltr0さん
僕の場合の「京都」は、もちろん好きではありますけど
味わいとしては、旅情やロマンを感じていただける方にはともかく、
生活の場となっている者には微妙な駅名です(苦笑)。
かといって「平安京」とか「古都京都」なんて改称されても
ちょっと困るんですが(笑)。

その点、昔の国名を冠した「武蔵小金井」とか「尾張一宮」、
「豊後竹田」なんて、語呂的に口にしても心地よいし(笑)、
味わいのある駅名だなぁと感じます。

天竜二俣駅の機関区、どんぶりさんのブログ記事も
ぜひご覧になってみてください。

by Kyo-to | 09 13, 2009 - URLedit ]

管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)