FC2ブログ
RSS
プロフィール

Kyo-to (キョート)

Author:Kyo-to (キョート)

線路を走るのは何でも「デンシャ」ぐらいのユルさで鉄道旅を通して出会った風景や人、古い駅舎や古い町並みを記録していきたいと思っています。時々、地元京都。
リンク、そして古い記事でもコメントなど、お気軽にどうぞ。

※万が一、写真を気に入ってもらえて、私的な保存などは構いませんが、改変・転載等は勘弁してください。


JWordクリック募金


recommend_bnr03.png

カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
メールでのご意見・ご質問はお気軽にコチラへ

お名前:
アドレス:何か入力しないと送信できないみたいです
件名:
本文:

3連休パスの旅 day-1 #7  金木の町  〔青森県〕

10 09, 2009 | デンシャ旅 -東北(私鉄・三セク)

4 Comments
090920-33
9月20日の3連休パスの旅1日目、第7回。
津軽鉄道・金木駅で途中下車した僕は、今年(2009年)生誕100年を迎える文豪、
太宰治(1909~1948)の生まれた町・金木(かなぎ)を歩いてみました。

090920-34
太宰の生家で、現在は太宰治記念館「斜陽館」となっている明治40(1907)年建築の豪邸。
国の重要文化財にもなっています。

090920-35
斜陽館の近くの、お店か民家か分かりませんでしたが同じくらい古そうな建物。
太宰の本名は「津島修治(つしましゅうじ)」ですが、金木町には津島姓のお宅が
結構あって、ここもそうだったので何か関係があるんでしょうか。

090920-36a090920-36b
妙乗寺(左)と雲祥寺(右)。どちらも山門が鐘楼と一体化してて、
僕が無知なだけだと思いますが、京都と違って面白いなぁと思いました。

090920-37
別に太宰ゆかりとか有名な建物ではなく、花の種を売っているお店が何かイイ感じだったので。
知らない町を歩くのはホントに楽しいです。半日ぐらいかけてゆっくり訪問したかったです…。



太宰自身は、自伝的小説「津軽」の序編で金木の町をこう語っています。

「金木は、私の生れた町である。津軽平野のほぼ中央に位し、人口五、六千の、
これといふ特徴もないが、どこやら都会ふうにちよつと気取つた町である。
善く言へば、水のやうに淡泊であり、悪く言へば、
底の浅い見栄坊の町といふ事になつてゐるやうである。」

インターネットの電子図書館「青空文庫」でも読めますので
興味が湧いた方はぜひ。

撮影日:9月20日
カメラ:Nikon D700 + Nikon AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ 拍手も併せてありがとうございます

« 3連休パスの旅 day-1 #8  津軽鉄道・ 芦野公園駅  〔青森県〕 3連休パスの旅 day-1 #6  津軽鉄道・金木駅で  〔青森県〕 »

4 Comments

おはようございま~す
生家は記念館になっているんですね。
名前も太宰の作品「斜陽」からとってるんですね、多分^^;
結構古い建物も残っていますから昔から
この場所は田舎なのに結構開けていた場所だったんでしょうね。
当時の状況が偲ばれますね^^
ぽち!

by sakura | 10 09, 2009 - URLedit ]

おっしゃる通り、太宰の代表作「斜陽」から
名づけられた記念館のようです。
太宰の父親は大地主だったそうで、
こんな立派で大きな建物なんですね。

by Kyo-to | 10 10, 2009 - URLedit ]

こんばんは。

全然気付いておらず完全スルーしてましたが、機材のな、な、名前が!
旅カメラとして最強のコンビを揃えられましたね!
うらやましす&おめでとうございます。

斜陽館はぜひ自分の目で見てみたい建築物のひとつです。
青森とバスの旅という組み合わせが、ほのぼの良いですね。
愉しませてもらっています。

by pltr0 | 10 13, 2009 - URL [ edit ]

お返事が遅くなって申し訳ありませんでした。

機材…分不相応で恥ずかしいぐらいなので
完全スルーで全然結構なんですホント(汗)。
機材名は僕が購入検討の際にそうだったように
誰かの何かの参考になることがあれば、と
恥を忍んで載せているだけなのです(苦笑)。
でもお祝いのお言葉、ありがとうございます。

斜陽館、遠くからでも圧倒されるぐらいの存在感でしたよ。
あ、それでこの旅のシリーズ名なんですが、
バスではなく、「三連休パス」という
JR企画切符の旅なんです…って見分けにくいですよね!?(泣)
すいません。

by Kyo-to | 10 15, 2009 - URLedit ]

管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)