RSS
プロフィール

Kyo-to (キョート)

Author:Kyo-to (キョート)

線路を走るのは何でも「デンシャ」ぐらいのユルさで鉄道旅を通して出会った風景や人、古い駅舎や古い町並みを記録していきたいと思っています。時々、地元京都。
リンク、そして古い記事でもコメントなど、お気軽にどうぞ。

※万が一、写真を気に入ってもらえて、私的な保存などは構いませんが、改変・転載等は勘弁してください。


JWordクリック募金


recommend_bnr03.png

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
メールでのご意見・ご質問はお気軽にコチラへ

お名前:
アドレス:何か入力しないと送信できないみたいです
件名:
本文:

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3連休パスの旅 day-2 #4  立待岬  〔北海道〕

10 19, 2009 | デンシャ旅 -北海道(私鉄・三セク)

2 Comments
090921-25
9月21日。
3連休パスの旅2日目・第4回。
前回、「まずは五稜郭」とわかりやすく編集上都合のいい場所から始めてしまいましたが
実際に函館市電に乗って最初に訪れたのは宝来・谷地頭線の終点・谷地頭(やちがしら)から
徒歩10分ぐらいのところにある、立待岬(たちまちみさき)でした。
(※写真は立待岬から望む大鼻岬)

090921-26
十字街(じゅうじがい)から南西へ分岐する宝来・谷地頭線の終点、谷地頭。
ここで降りてもたちまち岬、とはいかないので写真奥の坂を上がって行きます。

090921-27
坂の途中、墓地の一角に函館をこよなく愛した詩人・石川啄木の一族のお墓があります。
その前から函館市街地を見たところ。

090921-28
坂を上りきると…

090921-29
立待岬に到着。24mmの広角レンズで伝えきれないほど広々した風景がひろがります。
水平線の向こうに見えているのは下北半島など本州の最北端。

090921-30
岬からの帰路、民家の軒先に大量に昆布が干されてるのが珍しくてお話をうかがったら、
商品でも何でもなく家で食べるため、とのこと。お願いして撮影させていただいたら、
「あげる」と乾燥済みのを下さいました。めちゃめちゃ美味しかったです。



撮影日:9月21日
カメラ:Nikon D700 + Nikon AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED
 (1枚目のみレンズ:Nikon AF-S VR Zoom-Nikkor ED 70-300mm F4.5-5.6G(IF))

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ 拍手も併せてありがとうございます

« 3連休パスの旅 day-2 #5  箱館ハイカラ號  〔北海道〕 3連休パスの旅 day-2 #3  五稜郭タワーから  〔北海道〕 »

- Comments
2 Comments

おはようございま~す
海岸沿いの光景ってなかなか絵になる光景が広がっていますね^^
乾燥済みの昆布っておいしいんですか?^^;
なんか味付けでもしてあるのでしょうか、気になる!
^^;

by sakura | 10 19, 2009 - URLedit ]

同じ海岸でも、京都の丹後半島とかとは
やっぱり雰囲気がなんだか違って見えるんですよね。
本州は樹木が岸際まで生い茂ってるからかな。

乾燥済みの昆布…味付けは自然の塩味だけです(笑)。
でも、このおばあちゃんがおっしゃったように
そのまま手でちぎりながら食べただけなんですけど
昆布自体がすごく質がいいのか美味しいんですよホント!

by Kyo-to | 10 20, 2009 - URLedit ]

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。