FC2ブログ
RSS
プロフィール

Kyo-to (キョート)

Author:Kyo-to (キョート)

線路を走るのは何でも「デンシャ」ぐらいのユルさで鉄道旅を通して出会った風景や人、古い駅舎や古い町並みを記録していきたいと思っています。時々、地元京都。
リンク、そして古い記事でもコメントなど、お気軽にどうぞ。

※万が一、写真を気に入ってもらえて、私的な保存などは構いませんが、改変・転載等は勘弁してください。


JWordクリック募金


recommend_bnr03.png

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
メールでのご意見・ご質問はお気軽にコチラへ

お名前:
アドレス:何か入力しないと送信できないみたいです
件名:
本文:

3連休パスの旅 day-3 #7 JR五能線 深浦で 〔青森県〕

10 30, 2009 | デンシャ旅 -東北(JR)

2 Comments
090922-36
9月22日、3連休パスの旅3日目、第7回。
JR五能線の旅なかば、深浦(ふかうら)駅に着いたのは11:57。
次の普通列車の発車時間は13:39です。
時間がたっぷりあるので深浦の町を散策してみました。

090922-37
何がどうって上手く表現できないけれど、
東北の港町、という雰囲気を強く感じます。
駅前のコンビニみたいなお店の方に伺った話によると、
この辺りは雪より風が強いんだそうです。

090922-38
豪華な装飾が施された立派なお家も。
かつては北前船(きたまえぶね=交易船)の
寄港地として栄えた面影が偲ばれます。

090922-39
太宰治ゆかりの場所がここにも。小説「津軽」に登場する、彼が宿泊した宿が
「太宰の宿 ふかうら文学館」として文学資料館になっています。
こういうのが残ってるのはいいんですが、妙なベイブリッジやハコモノ的な建物も散在していて
町全体の印象は散漫で、情緒を感じたい旅行者には少し残念な気持ちがします…。

090922-40
そろそろ発車時刻なので深浦駅へ戻ります。
何と、千畳敷からのツアー客が深浦で去っていったと思ったら、
今度は別のツアー客がバスでやってきて大挙して乗車されました。とほ(泣)。

090922-41
この3日間、ずっと関西弁が無性に恋しかったのですが(苦笑)、
同じ列車に乗車されてたこの大阪の方に深浦駅前の喫煙スペースでお会いして
嬉しくなって深浦ではずっとご一緒させていただきました。
あんまり楽しくて、深浦駅の写真も撮り忘れてたぐらいです(泣)。
東能代駅での別れ際に辛うじてお写真を撮らせていただいたのですが、
連絡先をお聞きしてなかったことにあとで気付きました。
もう一度お会いしたいんですが…。



撮影日:9月22日
カメラ:Nikon D700 + Nikon AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ 拍手も併せてありがとうございます

« 3連休パスの旅 day-3 #8 JR五能線 車窓風景 〔青森県〕 3連休パスの旅 day-3 #6 JR五能線 驫木~深浦 〔青森県〕 »

2 Comments

こんにちは~。
ここの路線は結構見所がありますね~!
駅以外にも駅から降りた後、広がる街並みも
情緒を感じるな~。
自分もこういう旅をゆっくりしたいものです^^
ぽち!

by sakura | 10 30, 2009 - URLedit ]

五能線、みどころは山ほどある素晴らしい路線です。
…が、列車の本数がホントに少ないので
途中の町で宿をとるなりしないと
車窓風景以外の沿線のスポットまで満喫するのは
至難の業ですね…(泣)。

by Kyo-to | 10 31, 2009 - URLedit ]

管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)