RSS
プロフィール

Kyo-to (キョート)

Author:Kyo-to (キョート)

線路を走るのは何でも「デンシャ」ぐらいのユルさで鉄道旅を通して出会った風景や人、古い駅舎や古い町並みを記録していきたいと思っています。時々、地元京都。
リンク、そして古い記事でもコメントなど、お気軽にどうぞ。

※万が一、写真を気に入ってもらえて、私的な保存などは構いませんが、改変・転載等は勘弁してください。


JWordクリック募金


recommend_bnr03.png

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
メールでのご意見・ご質問はお気軽にコチラへ

お名前:
アドレス:何か入力しないと送信できないみたいです
件名:
本文:

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南海電鉄 加太線  〔和歌山県〕

05 22, 2008 | 南海電鉄

3 Comments
nkl1


南海電鉄の旅も和歌山まで南下、加太(かだ)線・加太駅を中心にした5枚です。

nkl2


nkl3


nkl4


nkl5


全線単線、路線距離9.6kmの加太線ですが、南海電鉄の支線の中では一番長いんじゃないでしょうか。
和歌山の市街から小さな町や海沿いを通って終点の加太の小さな港町へ向かう、ほどよいローカル感のある路線でした。
僕が訪れた日はGW後半の初日で、海へと繰り出す観光客で結構賑わってました。

1枚目=途中の八幡前駅で列車の交換(行き違い)待ち。
2枚目=加太駅到着。レジャー客がどっと降りて、鉄道全盛期の海水浴シーズンの駅を連想しました。
3枚目=鄙びた(僕にとっては)イイ感じの加太駅 駅舎。
4枚目=駅舎の窓。脇の渦巻状の器具は旗を立てるためのものだと思われます(違ったらすいません)。
5枚目=釣り客も結構多かったです。さてクーラーボックスの中は…。

撮影日:5月3日
■Nikon D40 + AF-S DX VR Zoom-Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G(IF)
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ 27位/254サイト中(21日現在)
20位台に戻れると思ってなかったのでマジで嬉しいです ありがとうございます!

« 南海電車 epilogue 南海電鉄 木津川駅  〔大阪府〕 »

- Comments
3 Comments

1枚目の写真。
いろんな電車が見られて面白いですね。
kyo-toさんのところでいろんな駅舎や電車があるんだな~って
感心しちゃいます(^-^)

by ゆみるん | 05 22, 2008 - URLedit ]

大津に住んでいる私にとって、身近なのは京阪電車。 ちょっと近いのが阪神、阪急。時々乗る機会があります。
でも この「南海」だけは、皆無に近いんです。

今回 Kyo-toさんのブログでいろいろと様子を見せて頂いて、随分と広範囲に、いろいろな姿で走っているんだなぁって知りました。
面白いですね。
とても一日では回りきれないような気がします。

一枚目の写真はまるで、はめ込みでもしたような構図ですね。

by yume | 05 22, 2008 - URLedit ]

>ゆみるんさん
yumeさんも指摘されてますけど1枚目、
僕的には撮りたかったのは駅員さんとやってくる電車で、
そんなに視覚的な効果を狙ったものじゃなかったんですが
言われてみれば南海デンシャ、分身の術みたいになってますね(笑)。

>yumeさん
京都に住む僕も、おっしゃるとおりの感じで、僕の場合は近鉄が入ります(笑)が、
そうなんですね、南海はナゼか縁がないですよね。

でも今回完全制覇してみて、すごく好きになりました南海。
残念ながら高野線は昨年に乗ってしまったのでこうしてご紹介できませんでしたが、
見どころ満載の南海、確かに一日では無理ですがオススメです!

by Kyo-to | 05 23, 2008 - URLedit ]

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。