FC2ブログ
RSS
プロフィール

Kyo-to (キョート)

Author:Kyo-to (キョート)

線路を走るのは何でも「デンシャ」ぐらいのユルさで鉄道旅を通して出会った風景や人、古い駅舎や古い町並みを記録していきたいと思っています。時々、地元京都。
リンク、そして古い記事でもコメントなど、お気軽にどうぞ。

※万が一、写真を気に入ってもらえて、私的な保存などは構いませんが、改変・転載等は勘弁してください。


JWordクリック募金


recommend_bnr03.png

カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
メールでのご意見・ご質問はお気軽にコチラへ

お名前:
アドレス:何か入力しないと送信できないみたいです
件名:
本文:

ことでん・琴平線 #6  仏生山駅  〔香川県〕

12 27, 2009 | 高松琴平電鉄(ことでん)

2 Comments
kotohira-32
ことでん=高松琴平電鉄・全駅下車の旅、第6回。
琴平線、仏生山(ぶっしょうざん)駅です。

ここには琴平線と長尾線の車両の基地があるんですが、
イベント等でしか見ることのできなくなった大正生まれの車両と
思いがけず出会うことができました。

kotohira-38 1926(大正15)年開業の有人駅です。

kotohira-33
写真は改札口付近だけを写したもので、全体としては大きな駅舎ですが
その大部分が自転車置き場になってます。

kotohira-34
構内踏み切りから見たホーム。瓦町方面行きの1番のりば(左)が離れていて
屋根のない通路を行かないといけないのでこんな雨の日はちょっと面倒な感じ(苦笑)。

kotohira-35
そして駅舎の東側、駅前ロータリーの脇にナゼか留置線が1本あって、
そこにどういうワケか大正14年製造の20形23号車がポツンと佇んでいました。
元は僕にとって馴染み深い関西の近鉄電車の車両だったそうなので、不思議な縁を感じます。

kotohira-36
あんまり無防備にフツーに置いてあるので、最初は静態保存されているのかと思いました。

kotohira-37
その留置線の奥にある仏生山工場。
この中に、同じく大正生まれの1000形など
琴電オリジナルのレトロ車両が眠っているんでしょうか。
やっぱりこの目でぜひ見てみたいので、イベントの時に再訪したいと思いました。



撮影日:11月22日
カメラ:Nikon D700 + Nikon AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ 拍手も併せてありがとうございます

« ことでん・琴平線 #7 空港通り・一宮・円座・岡本駅  〔香川県〕 ことでん・琴平線 #5  三条駅と太田駅  〔香川県〕 »

2 Comments

おはようございま~す
ここは車両基地もあるせいか大きな駅ですね^^
ホームが2つもあるって言うのもローカル線には最近では珍しいです。
活気のある路線だという事がこれを見ると分りますね。
ぽち!

by sakura | 12 27, 2009 - URLedit ]

ことでんのイベントはここで行われるそうで、
広々とした大きな駅ですよ。
戦前はこの駅から派生する
「塩江温泉鉄道」というのがあったそうで、
その頃はもっとターミナル駅っぽかったんでしょうかね。

by Kyo-to | 12 28, 2009 - URLedit ]

管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)