RSS
プロフィール

Kyo-to (キョート)

Author:Kyo-to (キョート)

線路を走るのは何でも「デンシャ」ぐらいのユルさで鉄道旅を通して出会った風景や人、古い駅舎や古い町並みを記録していきたいと思っています。時々、地元京都。
リンク、そして古い記事でもコメントなど、お気軽にどうぞ。

※万が一、写真を気に入ってもらえて、私的な保存などは構いませんが、改変・転載等は勘弁してください。


JWordクリック募金


recommend_bnr03.png

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
メールでのご意見・ご質問はお気軽にコチラへ

お名前:
アドレス:何か入力しないと送信できないみたいです
件名:
本文:

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長良川鉄道 #7  うだつのあがる町、美濃  〔岐阜県〕

01 25, 2010 | 長良川鉄道

6 Comments
091220-40
09年12月20日。
再び長良川鉄道の旅に戻ります。
美濃市駅で途中下車した僕は旧名鉄美濃駅を訪問した後、
「うだつ」の町並みで知られる美濃市の重要伝統的建物群保存地区を歩いてみました。

091220-41
ひと目で「いいなぁ」と気に入ってしまいました。
同じ「和」の町並みでも、僕の住む京都ともやっぱり違うんですよね。
ちなみに野口五郎さんはこの町のご出身だそうです。

091220-42
元々は火災の類焼を防ぐための防火壁だった「卯建(うだつ)」。
美濃和紙と長良川の舟運で栄えた裕福な商家が次第に豪華さを競いはじめ、
そうした立派な「うだつ」を構えることのできない風采の上がらない様が
「うだつの上がらない」という慣用句になったんだそうです。

091220-43a091220-43b
うだつ、ホントに張り合うように上がりまくってます(笑)。

091220-44
建物自体も、国重要文化財に指定されてるのもそうでないのも一様に立派。

091220-45
角を曲がるとまた表情が変わるのでカメラを手に歩くのが楽しい町です。

091220-46
そして町の北側、長良川の畔にあるのが珍しい「川」の灯台。
江戸から明治にかけて舟運で栄えた
上有知湊(こうずちみなと)跡を象徴する建造物です。

091220-47
灯台と長良川。
当時の一大物流拠点だったこの川湊も、明治時代の鉄道開通によって廃れたそうで、
そんな場所を現在同じような境遇に置かれている長良川鉄道で訪れているのは
何だか皮肉な感じもします。


撮影日:09年12月20日
カメラ:Nikon D700 + Nikon AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED
 (2、3枚目のみレンズ:Nikon AF-S VR Zoom-Nikkor ED 70-300mm F4.5-5.6G(IF))

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ 拍手も併せてありがとうございます

« 長良川鉄道 #END  雪の郡上八幡を歩いて  〔岐阜県〕 名鉄美濃町線 新関駅跡  〔岐阜県〕 »

- Comments
6 Comments

Kyo-toさんは旅全体を楽しんでいる印象を持っていますが
この美濃の街並みのカットを見てそうだと確信しました。

実は私も夏に知り合いのクルマでこの街を通りましたが
長良川鉄道のことがアタマにあって「車窓観光」に終わりました。
ま、朝8時台で人通りがなくてこぎれいだった印象もあり
それほど魅力を感じなかったのですが
雪景色になるとぐぐっと雰囲気が高まりますね!

さて、Kyo-toさん! どこかいい場所連れてってください!

by どんぶり | 01 25, 2010 - URLedit ]

嬉しいコメントありがとうございます。
「デンシャ旅」と銘打ちながらも僕の中で鉄道は
「軸」というか一本筋を通すための装置みたいなもので、
旅の要素としてはデンシャも「うだつ」も同列で楽しんでるというか
クサい言い方をすれば、旅先で目にするものはほとんど
何だって愛しい光景なんです(ホンマにクサい)。
それがちょっとでもお伝えできてたら、ホントに嬉しいです。

雪景色は確かに、何割増しぐらいの効果があるんでしょうかね(笑)。
僕も違う季節だったら、もしかしたら美濃の町もそれほど印象的には、
また美濃町線の廃線跡もただ悲しい遺構にしか感じなかったかもしれません。

ところで何ですか突然「どこかいい場所~」って!?
かねがね、どんぶりさんとはご一緒してみたいと
願ってはいるものの、どうしろと!?(笑)

by Kyo-to | 01 26, 2010 - URLedit ]

>>どうしろと!?(笑)

計画してちょーだいな(爆)

春の18きっぷシーズンは新居への引越しが控えているので×。
長良川鉄道の北濃へのリベンジとかどうですか?

by どんぶり | 01 26, 2010 - URLedit ]

お返事が遅くなってすいませんでした。
長良川鉄道リベンジ、いいですね~。
でも僕自身は真逆の季節、夏にと考えてるんですが。

勝手な計画でいいなら、ぜひ京都へ!(爆)
どんぶりさんが嵐電をどんな風に撮られるか
すごく拝見してみたいっていうのはあるんですよ。

by Kyo-to | 01 28, 2010 - URLedit ]

えっと・・・嵐電は10年前の2000年8月に行ったのが最後ですね~(笑)
ちょこっと撮影しているので時季が来たらUPしましょう!

え? 撮りに来いって???

by どんぶり | 01 28, 2010 - URLedit ]

またまたお返事が遅れて申し訳ありません。
アハハ、嵐電を、ってやっぱり虫がよすぎますよね(汗)。
「拝見してみたい」っていうのは偽らざる本心ですが。

突然の申し出に面食らって何にもイメージがない、
っていうのが正直なところですが(笑)、
じゃあこれについては後日メールさせていただきます。

by Kyo-to | 01 30, 2010 - URLedit ]

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。