RSS
プロフィール

Kyo-to (キョート)

Author:Kyo-to (キョート)

線路を走るのは何でも「デンシャ」ぐらいのユルさで鉄道旅を通して出会った風景や人、古い駅舎や古い町並みを記録していきたいと思っています。時々、地元京都。
リンク、そして古い記事でもコメントなど、お気軽にどうぞ。

※万が一、写真を気に入ってもらえて、私的な保存などは構いませんが、改変・転載等は勘弁してください。


JWordクリック募金


recommend_bnr03.png

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
メールでのご意見・ご質問はお気軽にコチラへ

お名前:
アドレス:何か入力しないと送信できないみたいです
件名:
本文:

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JR津山線 亀甲駅  〔岡山県〕

02 05, 2010 | デンシャ旅 -中国(JR)

3 Comments
100109-18
「にっぽん珍造駅舎の旅」第3回。
岡山県・JR津山線にある、亀甲(かめのこう)駅です。
…いや、そんな旅してませんけど(笑)。 → 元ネタはコチラ

100109-19
2010年1月9日。
青春18きっぷで訪れたJR津山線、1ヵ所だけ途中下車してみた駅は
なんと駅舎が亀の形をした、その名も亀甲駅。

100109-20
甲羅を模した屋根から時計の眼を持つ首が突き出して、
駅舎全体で「カメ」であることを主張してます。
"やっちゃった"系の珍駅ではありますが、その力技に脱力しながらも脱帽せざるをえません。

100109-21
ホームにも亀が放し飼い…ではなく、割とリアル系のオブジェが。
駅舎正面にも同様のものが置かれています。

100109-22
駅舎内にはホンモノの生きた亀さんも!
どうしてここまで亀づくし、そもそもどうして亀なのかといえば、
駅の近くにあるという亀甲岩にまつわる、長くなるので割愛しますが
ハートウォーミングな伝説によるんだそうです。

100109-23
エキセントリックな駅舎と対照的な駅前の風景。時間があれば散策したい町でした。
「たまごかけごはん」が有名らしいんですが、パッと見た限りお店は見当たりませんでした…。

100109-24
2時間に1本ぐらいしか便のない津山線(泣)。この時は約20分後に
快速列車「ことぶき」が来てくれたので訪問できた駅でした。
12:07、その「ことぶき」に乗って終点・津山を目指します。





ちなみに、特に珍駅を探し回ってるワケではありませんが、
いままで訪問したナニコレ!?な駅はこちら。

kizukuri 巨大土偶駅舎、JR五能線・木造(きづくり)駅

tanushimaru カッパ駅舎、JR久大本線・田主丸(たぬしまる)駅


撮影日:2010年1月9日
カメラ:Nikon D700 + Nikon AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED
 (最後のデンシャ写真のみレンズ:Nikon AF-S VR Zoom-Nikkor ED 70-300mm F4.5-5.6G(IF))

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ 拍手も併せてありがとうございます

« JR津山駅   〔岡山県〕 JR津山線  〔岡山県〕 »

- Comments
3 Comments

友人の親父さんの実家が亀甲でしたので名前だけは聞いていました。えらい駅舎になっていますね。こうしてわざわざ下車してくれる人がいるということは町興しとしては成功ですね。

by サットン | 02 05, 2010 - URLedit ]

こんばんは~。
メチャクチャエキセントリックな駅舎ですね^^;
周りの街並みともまったくあってないし・・・(笑)
ローカル線巡りの旅とか秘境駅巡りの旅とか鉄道ジャンルは数々ありますが珍造駅舎の旅未だかつてないですから新しいジャンルになるかも^^;
それにしても一番気になるたまごかけごはんのお店は無いのでしょうか?
たまごかけごはんをメニューにするぐらいですからやっぱ家なんかで味わえない
すごいたまごかけごはんなんだろうな~^^;;
妄想ばかり膨らんでしまう今日の記事ですね(笑)
ぽち!

by sakura | 02 05, 2010 - URLedit ]

お返事が遅くなってすみませんでした

●サットンさん
珍駅なんて呼んじゃって申し訳ないですが、
でも印象はやっぱり「珍」なんですよね(苦笑)。
新幹線代使ってまでこの駅を訪問したようなモンですから
サットンさんのおっしゃることも一理ありますね。

●sakuraさん
珍造駅舎の旅…残念ながらもうこんな本↓まで出てるんですよ!
http://www.amazon.co.jp/%E7%8F%8D%E9%A7%85%E5%B7%A1%E7%A4%BC-%E3%82%A4%E3%82%AB%E3%83%AD%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%A0%E3%83%83%E3%82%AF-%E8%A5%BF%E5%B4%8E-%E3%81%95%E3%81%84%E3%81%8D/dp/4863202709

意識したワケでも参考にして出かけたワケでもないんですが(汗)、
やっぱり鉄道の世界は多岐に渡って網羅されてるなぁ、って感じました。

by Kyo-to | 02 07, 2010 - URLedit ]

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。