FC2ブログ
RSS
プロフィール

Kyo-to (キョート)

Author:Kyo-to (キョート)

線路を走るのは何でも「デンシャ」ぐらいのユルさで鉄道旅を通して出会った風景や人、古い駅舎や古い町並みを記録していきたいと思っています。時々、地元京都。
リンク、そして古い記事でもコメントなど、お気軽にどうぞ。

※万が一、写真を気に入ってもらえて、私的な保存などは構いませんが、改変・転載等は勘弁してください。


JWordクリック募金


recommend_bnr03.png

カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
メールでのご意見・ご質問はお気軽にコチラへ

お名前:
アドレス:何か入力しないと送信できないみたいです
件名:
本文:

JR因美線  〔岡山県〕

02 23, 2010 | デンシャ旅 -中国(JR)

2 Comments
100110-31
2010年1月10日、今年最初のデンシャ旅・2日目。
津山の町を散策したあと、津山駅13:54発・智頭(ちず)行きの
JR因美(いんび)線の列車に乗ります。

JR因美線は鳥取と津山を結ぶ路線で、名称もそれにちなんでいるのですが、
幡(いなば=鳥取)と作(みまさか=岡山県北東部)という旧国名を知らないと
どこを走るのかピンと来ない上に響きだけ「淫靡」な、ちょっと困った路線です(?)。

100110-32
路線としての正式な区分は起点が鳥取駅、終点は一駅となりの東津山なのですが、
実際は津山まで乗り入れているので、僕も津山駅から因美線の旅を始めます。
(※発車前の停車している車両を撮影したものです)

100110-33
2両編成のキハ40系ディーゼルカー。

100110-34
姫新線とは打って変わって閑散とした車内。

100110-35
NHK「にっぽん木造駅舎の旅」でも紹介されてた名駅舎のある美作滝尾(みまさかたきお)駅。
いまここで降りると次の列車まで1時間半ほど、津山へ戻る列車だと2時間待ちです…(泣)。

100110-36
列車は加茂川に沿って中国山地へ分け入っていきます。

100110-37
そしていよいよ鳥取県へと突入、という段になって運転本数の少ない因美線で
美作滝尾をスルーしたというのに、ある駅で途中下車を決行しました。
(つづく)


撮影日:2010年1月10日
カメラ:Nikon D700 + Nikon AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED
 (7枚目のみレンズ:Nikon AF-S VR Zoom-Nikkor ED 70-300mm F4.5-5.6G(IF))

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ 拍手も併せてありがとうございます

« JR因美線 #2  知和駅  〔岡山県〕 津山の町  〔岡山県〕 »

2 Comments

インビ線、ホント卑猥な響きですね(笑)しかも陰陽連絡線っていうのがまた・・・・。
でも、この線の風情は好きですね。県境の物見峠越えなんて気動車でも必死で登ってる感じがして。
乗られた列車が40系でよかったですね。キハ120だったらがっかりです。

by サットン | 02 24, 2010 - URLedit ]

インビ線と聞いてどんな破廉恥な光景がひろがっているかと
カメラを構える手も汗ばみつつ列車に飛び乗りました
…なワケはないんですが(笑)、風情はホントいいですね。
でもかつて10年ほど前まで急行「砂丘」が走ってたなんて
やっぱり僕には想像がつきません…。

せっかく40系だったんですが、知和駅で降りちゃったら
その後は120でした(苦笑)。

by Kyo-to | 02 25, 2010 - URLedit ]

管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)