RSS
プロフィール

Kyo-to (キョート)

Author:Kyo-to (キョート)

線路を走るのは何でも「デンシャ」ぐらいのユルさで鉄道旅を通して出会った風景や人、古い駅舎や古い町並みを記録していきたいと思っています。時々、地元京都。
リンク、そして古い記事でもコメントなど、お気軽にどうぞ。

※万が一、写真を気に入ってもらえて、私的な保存などは構いませんが、改変・転載等は勘弁してください。


JWordクリック募金


recommend_bnr03.png

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
メールでのご意見・ご質問はお気軽にコチラへ

お名前:
アドレス:何か入力しないと送信できないみたいです
件名:
本文:

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JR因美線 #5  終点・鳥取へ  〔岡山県~鳥取県〕

02 27, 2010 | デンシャ旅 -中国(JR)

3 Comments
100110-62
2010年1月10日、今年最初のデンシャ旅・2日目。
16:58、美作滝尾駅を去る頃はもう夕暮れ時。
JR因美線を終点の鳥取へと向かうことにします。
写真はこの日(行ったり来たりしてるので)三度目の美作加茂駅と、家路を急ぐ人たち。

100110-63
知和(ちわ)駅ふたたび。秘境駅然としたこの駅も、やはり利用客がおられました!

100110-64
美作河井(みまさかかわい)駅のホームは一面の雪。
この先の物見トンネルを抜けるともう岡山県ともお別れです。

100110-65
17:46、鳥取県の智頭(ちず)駅に到着。ここで18:13発の鳥取行きの列車に乗り換え。

100110-66
鳥取行きの列車は右の、因美線にも乗り入れている智頭急行の車両でした。
智頭急行は上郡~智頭を結ぶ第3セクター鉄道ですが、
因美線の区間は青春18きっぷで乗車できます。

100110-67
19:07、終点の鳥取駅・4番ホームに到着。因美線の旅も終わりです。

100110-68
2日目の夜は鳥取に宿をとりました。
やっぱり冬の山陰、道路脇に雪の塊なんかも残っててちょっと寒い!
(3日目へつづく)


撮影日:2010年1月10日
カメラ:Nikon D700 + Nikon AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ 拍手も併せてありがとうございます

« デジイチを手にして2年 JR因美線 #4  美作滝尾駅  〔岡山県〕 »

- Comments
3 Comments

智頭の町も魅力を感じます。以前、ちょこっとお邪魔しましたが時間と体力がなく十分に巡れず。
またゆっくりと歩きたい町です。
智頭急の車両をJRでも使い回しているのはややこしいですね。乗り間違う人もいるようで。
乗り心地はJRよりも格段に上ですけどね。

by サットン | 02 27, 2010 - URLedit ]

こんばんは。

因美線は情緒ある駅が多いのですね~。

特に美作滝尾駅のフォトジェニックぶりには驚きました。
長く愛され、丁寧に手入れされてきたモノだけが持つ美しさですね。
ナノクリ万歳な描写で堪能させて頂き、なお有り難しです。

by pltr0 | 02 28, 2010 - URLedit ]

お返事が大変遅くなって申し訳ありません

● サットンさん
智頭は今回、駅前に出ただけで町は訪問できませんでしたが
サットンさんがそうおっしゃるということは
面白そうな町とみて間違いなさそうですね(笑)。
智頭急については、昨年のJR西日本パスの最初の頃も
間違えて乗る方が多くて問題になってましたね(JRが説明不足でしたが)。

● pltr0さん
因美線に限らず、列車の本数の極端に少ない
見捨てられたような鉄道路線だけに
駅舎もほったらかされてきたというか(苦笑)。

でも美作滝尾駅は意識的に保存されてきたというか
まさに「長く愛され~」とpltr0さんのおっしゃる通りの
味わいのある素晴らしい駅です!

by Kyo-to | 03 03, 2010 - URLedit ]

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。