FC2ブログ
RSS
プロフィール

Kyo-to (キョート)

Author:Kyo-to (キョート)

線路を走るのは何でも「デンシャ」ぐらいのユルさで鉄道旅を通して出会った風景や人、古い駅舎や古い町並みを記録していきたいと思っています。時々、地元京都。
リンク、そして古い記事でもコメントなど、お気軽にどうぞ。

※万が一、写真を気に入ってもらえて、私的な保存などは構いませんが、改変・転載等は勘弁してください。


JWordクリック募金


recommend_bnr03.png

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
メールでのご意見・ご質問はお気軽にコチラへ

お名前:
アドレス:何か入力しないと送信できないみたいです
件名:
本文:

GW四国完全巡拝 #7  鳴門線  〔徳島県〕

05 17, 2010 | デンシャ旅 -四国(JR)

3 Comments
100429-47
GW四国一周デンシャ旅・第7回。
牟岐線を満喫して午後6時前に今晩の宿のある徳島へ戻ってきましたが、
まだイケる、と18:05発の鳴門(なると)線のデンシャに飛び乗りました。
写真は高徳線を高松方面へ少し戻って吉野川を渡っているところ。

100429-48
途中、対向列車の交換待ちのため吉成(よしなり)駅で数分の停車。
拝んでみたい駅舎だったので、すかさず駅前へ。三段屋根が面白い、味のある駅舎でした。

100429-49
池谷(いけのたに)駅で高徳線と分岐。ここからわずか8.5km東へ伸びる路線が鳴門線です。

100429-50
「鳴門のうずしお」でも眺めながら旅できそうな路線名ですが、完全に生活路線といった感じで
徳島市内へ遊びに行っていた沿線の子供たちなんかが駅ごとに降りていくだけです。でも、
別の駅で降りる車内の友達に手を振ったり、生活感のある光景が僕には微笑ましく思えます。

100429-51
ちょっと寂しい感じはするけど商店街の続く大きめの街に入ったと思ったら、

100429-52
18:44、行き止まりの終点・鳴門へ到着。
降りて行くのは時間帯もあるのか学生さんとか若い子ばっかりです。

100429-53
鳴門駅。駅前は割とひらけてますが、たとえば鳴門公園など
うずしお観光にはここからまだバスで2~30分足を伸ばさないといけないそうで
旅人には中途半端な場所に駅があるもんだ、という印象です。

100429-54
18:49に折り返す便に乗らないと次の列車は21:06までない(!)ので
うず潮どころか駅前を散策するヒマもなく滞在時間たったの5分で
さっき乗ってきたデンシャに再び乗り込み鳴門をあとにします(泣)。

s-map7
徳島へ戻ったのは19:29。
瀬戸大橋線、高徳線、牟岐線、阿佐海岸鉄道、そして鳴門線と
四国東岸の路線をすべて乗りつくして、四国の旅1日目を終えたのでした。

2日目はいよいよ龍馬のふるさと土佐へ向かうぜよ!


撮影日:2010年4月29日
カメラ:Nikon D700
レンズ:Nikon Ai AF Nikkor 24mm F2.8D
   :Nikon Ai AF Nikkor 50mm F1.4D(1枚目)
   :Nikon Ai AF Nikkor 35mm F2D(3、4枚目)

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ 拍手も併せてありがとうございます

« 開業100周年イヤーの嵐電 ~5月~  〔京都府〕 GW四国完全巡拝 #6  牟岐線の旅の終わり  〔徳島県〕 »

3 Comments

稲垣早希さんが、四国1周ブログ旅の最後に乗ったデンシャですね
ファンとしては、彼女が乗り損ねたバスの時刻表が欲しかったところです(すみません)
ですが、タクシー乗り場を押さえているあたりは、さすが(笑

広角単焦点レンズのnaturalな周辺減光が良い感じですね
やはり、フルサイズ機がうらやましいです。

by kiha58_1523 | 05 17, 2010 - URLedit ]

生活臭が漂う鳴門線、なんだかほっとしました。
でも、このワカイモンたちも免許を取るとデンシャには見向きもしなくなるんでしょうね。
2時間以上も間隔が開いたダイヤじゃ仕方ないかな・・・。

by サットン | 05 17, 2010 - URLedit ]

● kiha58_1523さん
今回の僕の旅は「四国一周ブログ旅」とは逆周りでしたが
稲垣早希さんが足跡を残した場所を網羅してみたい誘惑に
何度も駆られました(苦笑)。
駅から遠く離れた通過ポイントなど、もちろんハナから諦めましたが
せめて徳島の「いのたに」なんかは行きたかったですね(泣)。

昨今はマイクロフォーサーズなど小型化が顕著で
もてはやされてますけど、フルサイズ機はやっぱり
イメージセンサーのサイズに無理がないからか
使うほどに懐の深さを感じます。
kiha58さんには絶対オススメですよホント!!

● サットンさん
特にみどころはない車窓風景の鳴門線なんですけど(笑)、
僕もご覧いただいた光景なんかにはホントにホッとさせてもらいました。

でも確かにそうですね、きっと彼らもダイヤにしばられない
移動手段を手に入れる頃には、このデンシャを忘れて
島を出て行っちゃったりなんかもしちゃうんでしょうね…。

by Kyo-to | 05 18, 2010 - URLedit ]

管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)