FC2ブログ
RSS
プロフィール

Kyo-to (キョート)

Author:Kyo-to (キョート)

線路を走るのは何でも「デンシャ」ぐらいのユルさで鉄道旅を通して出会った風景や人、古い駅舎や古い町並みを記録していきたいと思っています。時々、地元京都。
リンク、そして古い記事でもコメントなど、お気軽にどうぞ。

※万が一、写真を気に入ってもらえて、私的な保存などは構いませんが、改変・転載等は勘弁してください。


JWordクリック募金


recommend_bnr03.png

カレンダー
02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
メールでのご意見・ご質問はお気軽にコチラへ

お名前:
アドレス:何か入力しないと送信できないみたいです
件名:
本文:

なんか虚脱感

07 01, 2010 | その他

4 Comments
100627b

昨日の今日で、日本の敗戦を引きずってやっぱりまだ気分が重いですね…。
疲れと決勝Tの重圧に飲まれて、やろうとしてもできなかったんだろうけど
やっぱりデンマーク戦のようなメンタリティーで戦って欲しかったです。

涙をのんだ選手たちの姿にグッとくるのは僕も同じですが、
だからって「感動をありがとう」なんて安いフレーズや、
「選手たちの感動秘話」みたいなワイドショー的浪花節に
簡単に飛びついて「いい思い出」にしてしまうのは
僕にはできません。

W杯に出るのが夢だった時代は遠くに去りました。
予選リーグ突破に大騒ぎしたのを懐かしく思えるようになった時、
この夢の続きが見れるんだと思います。
そのためには、サッカーの本質や選手のプレイと関係ない
枝葉の部分にすがりついてるヒマなんてないハズです。
もっともっと多くの人がサッカーを見る厳しい目を養わないと、
いつまでも「惜しかったけど感動をありがとう」の繰り返しです。

…と、オシムさんを気取って「アンタ何様?」なこと書いてしまいましたが
やっぱどう考えても悔しいんですよコンチクショー!(涙)


撮影日:2010年6月27日 天龍寺の方丈で
カメラ:Nikon D700 + Nikon AF-S VR Zoom-Nikkor ED 70-300mm F4.5-5.6G(IF)

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ 拍手も併せてありがとうございます

« 開業100周年イヤーの嵐電 ~6月~  〔京都府〕 オワタ… »

4 Comments

お久しぶりです。

しばらく伺えない間に、デンシャ旅が増えており
そして(やはり)W杯で落胆されていたようで...。

私は駒野と言われても顔が判らないほどの現在の代表に関して
無知なのですが(秋田とか相馬が出てくれれば判るのに!)、
この前スポーツニュースでスペインとポルトガルの試合を少し観て
ド素人の私でも「上手だね~」と阿呆な感想を漏らして感動したら
奥さん(サッカー好き、通)に呆れられました。

熱心なファンが期待する力とは、大きいのでしょうね。4年後こそ!

by pltr0 | 07 03, 2010 - URLedit ]

pltr0さん、もうすっかり復活されたんでしょうか。
珍しく40日間ほど連続で更新してたんですけど、
日本代表の敗戦でぷっつり緊張の糸が切れてしまいました(汗)。

日本の野球がWBCで優勝するぐらい世界で通用するのは
日本人が野球をDNAレベルで「わかってる」からだと思うんですよ。
その点、サッカーはまだまだで…(泣)。

僕だってホントはイングランドのサッカーが好きで
プレミアリーグが一番見てて面白いと思うんですけど、
心の底から勝利を喜べるのはJリーグの京都サンガと
日本代表しかないんですよね…。

あ、ちなみに秋田・森岡の往年のDFコンビは現在
京都サンガF.C.のコーチに就任されてるんですよ!

by Kyo-to | 07 05, 2010 - URLedit ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます

by | 07 06, 2010 - [ edit ]

鍵コメさん、ホントにありがとうございます。
どうにもモヤモヤした気分のまま
こんな記事を書き散らしたばっかりに
素直に感動されてる方を傷つけることになってたら
どうしようと今さら慌ててしまってるんですが、
鍵コメさんの大きな心に救われる思いです。

でもホントに、一時の盛り上がりや選手人気に終わらず
4年後に繋がることを願って行きたいですね。

by Kyo-to | 07 06, 2010 - URLedit ]

管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)