FC2ブログ
RSS
プロフィール

Kyo-to (キョート)

Author:Kyo-to (キョート)

線路を走るのは何でも「デンシャ」ぐらいのユルさで鉄道旅を通して出会った風景や人、古い駅舎や古い町並みを記録していきたいと思っています。時々、地元京都。
リンク、そして古い記事でもコメントなど、お気軽にどうぞ。

※万が一、写真を気に入ってもらえて、私的な保存などは構いませんが、改変・転載等は勘弁してください。


JWordクリック募金


recommend_bnr03.png

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
メールでのご意見・ご質問はお気軽にコチラへ

お名前:
アドレス:何か入力しないと送信できないみたいです
件名:
本文:

盆旅2010 #20  碓氷峠鉄道文化むら  〔群馬県〕

11 05, 2010 | デンシャ旅 -関東(JR)

6 Comments
100815-42.jpg
2010年8月15日、お盆の青春18きっぷ旅三日目。
横川駅のすぐそばにある、横川運転区跡地を利用した鉄道テーマパーク、
「碓氷峠鉄道文化むら」

フツーの列車が自力で不可能だった険しい碓氷峠越えを陰で支え続けた
専用電気機関車「ロクサン」ことEF63が活躍した時代を知らない僕は、
少しでも当時の「ニオイ」を知りたくて立ち寄ってみました。

100815-43.jpg
家族連れでも楽しめる施設になっています。
足元には運転区時代の軌道跡が。

100815-44.jpg
66.7‰(パーミル)という、鉄道では通常考えられない急勾配の碓氷峠(横川~軽井沢間)。
そこでこのEF63が、横川からの登りは列車の後ろから強力なチカラで押し上げ、
軽井沢からの降(くだ)りは列車の前を強力なブレーキで踏ん張り、
「峠のシェルパ」として列車の運行を助けてきたんだそうです。

100815-45.jpg
EF63-10の運転台。保存されている車両の中には内部を見学できるものもあります。

100815-46.jpg
往時のままの検修庫内にたたずむ、
EF63より以前のアプト式電気機関車、ED42の1号機。

100815-47.jpg
屋外展示場にはEF63の1号機。

100815-48.jpg
他にも、中には碓氷峠と関係ないものもありますが貴重な鉄道車両がたくさん。
写真はキハ20-467。

100815-49.jpg
戦前の、「鉄道省」時代のものも。

100815-50.jpg
信越本線・横川~軽井沢間は97年に廃止されましたが、
一部は残されていて、当時をまったく知らない僕でも
かすかな面影を知ることができます。

100815-51.jpg
その廃線跡を利用して、動態保存されているEF63の運転体験や
トロッコ列車の運行が行われています。
時間の都合でどちらも断念しましたが、この鉄道文化むらを通して
横川駅周辺の往時の気配みたいなものは感じることができた気がしました。

撮影日:2010年8月15日
カメラ:Nikon D300 + AF-S DX VR Zoom-Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G(IF)

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ 拍手も併せてありがとうございます

★ちょっとした補足記事もあります↓
100815-52.jpg
当時の検修庫を利用した鉄道展示館。

100815-53.jpg
展示館の脇に、先頭車両だけですが189系特急「あさま」。

100815-54.jpg
色違いのものも屋外展示場に。

100815-55.jpg
特急「白鳥」。これは遊具です(笑)。

100815-56.jpg
屋外展示場。

100815-57.jpg
EF53-2

100815-58.jpg
EF58-172

100815-59.jpg
EF30-20

100815-60.jpg
EF65-520

100815-61.jpg
EF80-63

100815-62.jpg
キハ20-467

100815-63.jpg
キハ20-467の車内。中へ入れる車両もあります。
(天気、曜日や季節によって変動あり)

100815-64.jpg
キハ35-901

100815-65.jpg
荷物車 スニ30-8

100815-66.jpg
EF63の運転体験は予約と講習の受講が必要です。
詳しくは「碓氷峠鉄道文化むら」公式HPでご確認ください。

« 盆旅2010 #21  碓氷第三橋梁(めがね橋)  〔群馬県〕 盆旅2010 #19  信越本線 高崎~横川  〔群馬県〕 »

6 Comments

そうですよね、生きているロクサンをご存知ないんですよね・・・
学生時代だった13年前、よく行きました(^^;;

実は鉄道文化むらになってからは行ったことがないんです。
当時の思い出を否定されてしまうような、そんな気がする・・・
・・・っていうのは行っていない言い訳でもなんでもないですが
近いうちに子どもたちを連れて遊びに行こうと思ってます、ハイ。

by どんぶり | 11 05, 2010 - URLedit ]

文化むら、昨年初めて行くことができたのですが、
右も左も好みな車両ばかりで思わずヨダレが出そうに...(笑)

僕も峠越えの現役時代は生で見ることができませんでした。
体験運転とはいえ、動いているロクサンを見たときにはとにかく感動で!
ほとんどの車両が屋外保存ってのが気になりますが、
歴史を語る上でも、末永く大切にしていってもらいたいものです。

峠の釜めし、おいしかったなぁー(笑)

by pepe | 11 05, 2010 - URLedit ]

ああ…。
私が横川を訪れた時は、先を急ぐためにここは割愛したんでした。
面白そうなところですね。
また機会はあるので再訪決定です。特急あさまに会いに。

by ねじまきてつや | 11 06, 2010 - URL [ edit ]

お返事が遅くなってすいませんでした

●どんぶりさん
もうホント、残り香ばっかり追いかけてるような僕としては
どんぶりさんのような方は心底羨ましいんですよ。

確かに、横川ぐらいキャラの立った(?)場所だと
当時の記憶をそのままにしておきたいってお気持ち
すんごくよく分かる気がします。
でもどんぶりさんの切り取る文化むらも見てみたいし、
お子さんにとっては楽しい場所だとも思いますよ。

●pepeさん
pepeさんも昨年行かれたんですか。
ホントに、こんなに個性豊かな車両が
そう遠くない昔にフツーに走ってた頃があったんだな、
って感慨深かったです。

鉄博みたいに屋内でキレイに大事に展示されてるのもイイですが
太陽の下で、または雨に濡れて佇む彼らの姿もまたアリなんじゃないかと思いました。

●ねじまきてつやさん
もうぜひ再訪なさって下さい!
当時を知らない、車両知識に疎い僕ですら
1時間じゃ足りない、って感じたほどですから(笑)。

特急「あさま」の国鉄色の保存車両は、
内部にも入れるようになってましたよ。

by Kyo-to | 11 07, 2010 - URLedit ]

特急白鳥の遊具が意味深ですね。大阪ー青森を結んでいた白鳥に大阪ー上野の編成も連結していたそうです。碓氷峠を経由して。そんな列車を利用する人がどの程度いたのか不明ですが。私なら喜んで乗りに行きます!

by サットン | 11 07, 2010 - URLedit ]

お返事が遅くなって失礼しました。
洒落で撮った特急白鳥の遊具から、サットンさんならではの
考察が伺えて、載せた甲斐がありました(笑)。
へ~っ!上野発の白鳥もあったんですか!
僕ももちろん乗りたい組です(笑)。カムバック…。

by Kyo-to | 11 12, 2010 - URLedit ]

管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)