RSS
プロフィール

Kyo-to (キョート)

Author:Kyo-to (キョート)

線路を走るのは何でも「デンシャ」ぐらいのユルさで鉄道旅を通して出会った風景や人、古い駅舎や古い町並みを記録していきたいと思っています。時々、地元京都。
リンク、そして古い記事でもコメントなど、お気軽にどうぞ。

※万が一、写真を気に入ってもらえて、私的な保存などは構いませんが、改変・転載等は勘弁してください。


JWordクリック募金


recommend_bnr03.png

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
メールでのご意見・ご質問はお気軽にコチラへ

お名前:
アドレス:何か入力しないと送信できないみたいです
件名:
本文:

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

盆旅2010 #22  小諸  〔長野県〕

11 12, 2010 | しなの鉄道

2 Comments
100815-83.jpg
2010年8月15日、お盆の青春18きっぷ旅三日目。
JRバスの終点・軽井沢からは、かつて信越本線だった篠ノ井(しののい)までの区間を
第3セクターとして引き継いだ「しなの鉄道」に乗車(※18きっぷ不可です)。
JR小海線への乗り換えのために小諸(こもろ)まで行き、待ち時間を利用して
小諸の町を散策してみました。(写真は小諸駅)

100815-84.jpg
小諸藩の城下町であり、北国街道の宿場町でもあった小諸。
街道沿いには情緒のある商家が残ってます。(写真は大塚味噌醤油店の袖蔵)

100815-85.jpg
路地裏で出会ったネコたち。

100815-86.jpg
詩人/小説家の島崎藤村(しまざき・とうそん)が学校教師として6年間
この小諸で過ごしたそうで、これは「藤村の井戸」と呼ばれるゆかりの井戸。
近くには旧居跡があります。

100815-87.jpg
板塀のある路地なんて、京都でもなかなか見なくなりました…。

100815-88.jpg
浅間山(あさまやま)が町のいたるところから見えます。

100815-89.jpg
小諸城址の「懐古園」が観光地として有名ですが、僕自身はやっぱり町を歩く方が楽しい。

100815-90.jpg
暑い夏でした。

100815-91.jpg
お店も看板もレトロ。
(つづく)

撮影日:2010年8月15日
カメラ:Nikon D300 + AF-S DX VR Zoom-Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G(IF)

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ 拍手も併せてありがとうございます

★ちょっとした補足記事もあります↓
100815-92.jpg
しなの鉄道、軽井沢駅で。
08年11月に初めて来て以来、二度目の訪問です。

100815-93.jpg
ちょっと霞み気味ですが、車内から望む浅間山。

100815-94.jpg
しなの鉄道&JR小海線の小諸駅。

100815-95.jpg
比較的大きな町の駅にも関わらず、駅前は「昭和」な感じがよく残っていて
大変よろしい。

100815-96.jpg
北国街道沿いの大塚味噌醤油店。

100815-97.jpg
歯医者さんなんだそうです。

100815-98.jpg
島崎藤村の旧居跡。

100815-99.jpg
重要文化財・小諸城大手門。
信越本線で分断された城跡の本丸側が懐古園となり、
この大手門だけ駅の北東にポツンと孤立する形で佇んでます。

100815-100.jpg
本文写真のコーラの看板のお店。

« 姫路文学館特別展 『鉄道と旅と文学と』  〔兵庫県〕 盆旅2010 #21  碓氷第三橋梁(めがね橋)  〔群馬県〕 »

- Comments
2 Comments

いやいや小諸も散策してみたくなる町ですね~。
Kyo-toさんのブログを拝見していると、旅の候補地が増えて困ります…(笑)

しなの鉄道で通り過ぎた時には、千曲川沿いの意外な高低差に驚きました。
河岸段丘っていうんですかね、群馬県の沼田付近のような感じ。

by ねじまきてつや | 11 12, 2010 - URL [ edit ]

お返事が遅くなって失礼しました。
いやいや、ねじまきてつやさんのブログだって
旅情を誘われて困るキケンなブログですよ(笑)。
ねじまきてつやさんの確かな目で捉えた小諸の町も
ぜひ拝見したいですね。

by Kyo-to | 11 17, 2010 - URLedit ]

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。