RSS
プロフィール

Kyo-to (キョート)

Author:Kyo-to (キョート)

線路を走るのは何でも「デンシャ」ぐらいのユルさで鉄道旅を通して出会った風景や人、古い駅舎や古い町並みを記録していきたいと思っています。時々、地元京都。
リンク、そして古い記事でもコメントなど、お気軽にどうぞ。

※万が一、写真を気に入ってもらえて、私的な保存などは構いませんが、改変・転載等は勘弁してください。


JWordクリック募金


recommend_bnr03.png

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
メールでのご意見・ご質問はお気軽にコチラへ

お名前:
アドレス:何か入力しないと送信できないみたいです
件名:
本文:

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

盆旅2010 #23  JR小海線  〔長野県~山梨県〕

12 07, 2010 | デンシャ旅 -信越(JR)

5 Comments
100815-101.jpg
ずいぶん間が空いてしまった夏の青春18きっぷ旅の続きです。
2010年8月15日、小諸から15:14発のJR小海線(こうみせん)へ。
愛称が「八ヶ岳高原線」だそうで、結構期待していたんですが…。

100815-102.jpg
小諸を発ってしばらく続く気持ちのよい田園風景に胸躍らせていると。

100815-103.jpg
15分ほどで長野新幹線との接続駅、佐久平(さくだいら)。
駅周辺は急速に発展を遂げているそうで、ここで買い物帰りのお客さんが大量に乗車。
車内はあっという間に食材やハンバーガーのにおいが充満する都市近郊の日常風景に(泣)。

100815-104.jpg
小海線の名称の由来、小海駅。沿線では大きな駅なので、
たくさん降りるのかと思ったんですがほとんど乗客数に変化がないまま列車は進みます。

100815-105.jpg
通常の鉄道駅では日本一の高所にあるという野辺山(のべやま)駅付近まで来ると
さすがに別天地な雰囲気は漂うものの、八ヶ岳は雲に覆われて見えないし、
2両編成の車内は相変わらず満員…。

100815-106.jpg
山梨県に突入する寸前に「JR鉄道最高地点」、
つまりJR全路線で最も標高の高い地点(1,375m)を示す碑なんかも建ってたりしますけど、

100815-107.jpg
山梨に入って最初の清里(きよさと)駅で今度は観光帰りのお客さんがなだれ込んできて、
車内はまるで通勤電車の様相に…(号泣)。

100815-108.jpg
17:29、小海線の終点・小淵沢(こぶちざわ)に到着した時には何かヘトヘトで、
これほど期待ハズレだった路線はなかった、ってぐらいガッカリモードだったんですけど
そもそも18きっぷシーズン、しかもお盆休み終盤にイイ思いをしようとした僕が間違いでした。
それにしても、タイミングひとつで路線の印象がこんなにも変わる危険性があるんだなぁ、と
しみじみ思い知らされた小海線の旅でした。
(つづく)

撮影日:2010年8月15日
カメラ:Nikon D300 + AF-S DX VR Zoom-Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G(IF)

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ 拍手も併せてありがとうございます

« 盆旅2010 #24  中央本線で甲府へ  〔山梨県〕 姫路モノレール跡   〔兵庫県〕 »

- Comments
5 Comments

こんばんは。
いつも拝見していますよ~。
しかし相変わらず小海線は込んでますね。
私が行った時もだだ込みでした(泣)。
最高地点碑のそばに「最高地点」という
食堂があるのですが行かれましたか?

by りえてつ | 12 07, 2010 - URLedit ]

お疲れ様でした(笑)
ローカル線の旅って混むの嫌ですよね。
ボックス席で足を伸ばして寛いでいて、
駅に着く度に「あんまり乗って来るなよ…」と思ってしまいます。
でも「乗客がいる→安泰」な訳で、廃止になるよりは良いですよね。
まぁ、複雑です。

by ねじまきてつや | 12 07, 2010 - URL [ edit ]

小淵沢方面から過去2回ほど乗車したことがあるのですが
やっぱり混んで混んで...(汗)

でもまさに高原!な野辺山周辺の車窓や
千曲川沿いを走るのどかな景色は僕的にはなかなかでした!

by pepe | 12 08, 2010 - URLedit ]

期待ハズレ…わかりますよその気持ち!私の初小海線もそうでした。やはり夏のオンシーズンで混んでました。オマケに下心タップリで清里に泊まったりして…。ことごとく期待ハズレでしたよ。
でも二回目は冬のオフシーズン。空いてるし、八ヶ岳はバッチリ見えるし見事に期待に応えてくれました。
本当に一度乗っただけでは評価できませんね。

by サットン | 12 08, 2010 - URLedit ]

●りえてつさん
そうなんですか!小海線って結構混雑する路線だったんですね。
最高地点の近くに食堂「最高地点」(笑)。
面白いですね~。知ってたら話のタネに行ってみたかったんですが
結局小海線ではどこにも途中下車しません(できません)でした…。

●ねじまきてつやさん
ホントにおっしゃる通り、廃線になったら嫌だ、
環境に優しい鉄道をもっとみんな利用すべきだ、
なんて僕も思っていながら、旅の最中は空いた車内で
思いっきり旅情を味わいたい、なんてムシのよすぎる話ですよね(苦笑)。

●pepeさん
ありゃー、やっぱり小海線って混むんですね(泣)。
乗り通せる便の本数も少ないし、乗客が集中するのも無理ないですかね。
僕も多分、もうちょっと撮影の自由がきくぐらいの
適度な乗客数の車内だったら印象も違ってたと思います。今度こそ!

●サットンさん
みなさんのコメントを拝見すると、どうやら小海線の混雑は
お盆休みに限らなかったみたいですね(苦笑)。
下心タップリで清里に、ってくだりは微笑ましくて
サットンさんの印象がさらに好ましいものになりましたが(笑)、
ぜひ次回リベンジの際の小海線には印象を一変してもらいたいものです。

by Kyo-to | 12 09, 2010 - URLedit ]

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。