FC2ブログ
RSS
プロフィール

Kyo-to (キョート)

Author:Kyo-to (キョート)

線路を走るのは何でも「デンシャ」ぐらいのユルさで鉄道旅を通して出会った風景や人、古い駅舎や古い町並みを記録していきたいと思っています。時々、地元京都。
リンク、そして古い記事でもコメントなど、お気軽にどうぞ。

※万が一、写真を気に入ってもらえて、私的な保存などは構いませんが、改変・転載等は勘弁してください。


JWordクリック募金


recommend_bnr03.png

カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
メールでのご意見・ご質問はお気軽にコチラへ

お名前:
アドレス:何か入力しないと送信できないみたいです
件名:
本文:

(雪の)わ鐵の旅 #END  終点・間藤駅  〔栃木県〕

04 20, 2011 | わたらせ渓谷鐵道

9 Comments
110212-49.jpg
2011年2月12日。
終点の間藤(まとう)駅に到着。

110212-50.jpg
「旅客終着の」とあるのは、まだ1.9km先に足尾本山(あしおほんざん)という
貨物駅が存在したため。現在は廃駅。

110212-51.jpg
その足尾本山駅へ伸びていた線路も終点の車止めも、深い雪と草むらに覆われて。
こんな雪じゃなかったら今も残るというこの先の廃線跡を訪ねたかったんですが…。

110212-52.jpg
新しくて小奇麗だけど終着駅の味わいも歴史の重みも希薄で、
個人的には残念なタイプの駅舎…。

110212-53.jpg
駅前通りの風景。

110212-54.jpg
通りの民家の軒先で。

110212-55.jpg
駅の待合室の窓に、「ここは間藤『時刻表2万キロ』の終着駅」の文字。
鉄道紀行作家の草分け、故・宮脇俊三氏が昭和52(1977)年当時の国鉄2万km全線完乗を
この路線(当時は足尾線)で達成、「時刻表2万キロ」という作品に著したことで
ここは氏の信奉者にとっては聖地ともいえる場所なのです。僕もその一人ですが。

110212-56.jpg
処女作にして最高傑作ともいえる「時刻表2万キロ」、足尾線の章の全文を
窓に貼られた角川文庫版のコピーで味わうことができます。
(77年)5月28日14:25、間藤着とあります。

110212-57.jpg
実際はこの日3番目に訪問した駅でしたが、
僕のわ鐵の旅記事も、ここで終えることにします。
お付き合いありがとうございました。
(おわり)

撮影日:2011年2月12日
カメラ:Nikon D3S + Nikon AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

「東北関東大震災」支援クリック募金

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ 拍手も併せてありがとうございます

« 上毛デンシャ旅 #1 上毛電鉄 中央前橋駅 〔群馬県〕 (雪の)わ鐵の旅 #8  足尾駅  〔栃木県〕 »

9 Comments

こんにちは

うちの長男が中1の時 この本を読んで読書感想文書いて
マチのコンクールに出して賞をもらいましたです

雪風景 なのにつららがかわいらしくて・・・
あったかい冬に思えます いいですね 

もうここもすっかり春なんでしょうねえ





by jam | 04 24, 2011 - URLedit ]

こんばんは。

わ鐵の旅とのタイトルから、最後はあの駅で終わるのだろうか...と
宮脇氏の著作でほんの少しデンシャについて知ったので
間藤駅の姿を見て、感慨深い気持ちと共に、何か拍子抜けもしました。
私も「残念なタイプ」な駅ではないものを何となく想像していただけに(苦笑)。

それでも、敬愛する人と同じ足取りを辿る嬉しさというのは分かる気がします。
ついでに、足尾銅山の坑道の画像の美しさにも衝撃。やはりD3Sは格が違いますね。

by pltr0 | 04 24, 2011 - URLedit ]

ご無沙汰しております(汗)
雪のわ鐵の旅しっかり堪能させていただきました!

足尾駅のキハと炭鉱住宅?の風情にも
そそられるものがありましたが、
宮脇さんファンとしてはやっぱり間藤駅!
この「聖地」を僕もぜひ訪れてみたいものです。

今回も濃いい旅記事、ありがとうございました。

by pepe | 04 24, 2011 - URLedit ]

★jamさん

何度かコメントいただいてますね。ありがとうございます。
ブログ拝見したら北海道の方だったんですね!
僕にとってほとんど未踏の地、北海道は憧れの地でもあるんです。
震災がなかったらGWは満喫するハズだったんですが…。

間藤の雪景色、寒いのがそれほど苦じゃない僕でも
やっぱりちょっと寒かったんですが、
北海道のそれに比べるとカワイイ感じなんでしょうか(笑)。

宮脇さんの本の感想文で賞を授与されたご長男、
ブログによると入院されてるみたいですが、どうかお大事に。
いいブログですね。リンクさせて下さい!

by Kyo-to | 04 25, 2011 - URLedit ]

★pltr0さん

コメントありがとうございます。
pltr0さんに無理矢理オススメしてしまった「時刻表2万キロ」でしたが(汗)、
今回の旅記事が作品鑑賞の一助となれたら幸甚です。

当の宮脇氏ご本人も終着駅・間藤に最終到達点以外の
特別な感慨は抱かれた様子もなく駅舎の描写も無いに等しいんですが
それでもやっぱり、氏が目にされた駅舎に降り立ってみたかったです…。

↓コチラの方のブログに当時の間藤駅の駅舎の写真があります。
http://feseadog.blog135.fc2.com/blog-entry-60.html

足尾銅山坑道の写真は設定ミスのISO感度ではあるんですが(汗)、
便利レンズでも写真として(味わいはともかく)キチンと記録できる安心感は
やっぱりD3Sにしてよかったと感じる点です。

by Kyo-to | 04 25, 2011 - URLedit ]

★pepeさん

お忙しそうなのでこちらもコメントなどご無沙汰してます(汗)。
ブログ2周年のお祝いもできず申し訳なかったんですけど、
っていうかPC大丈夫なんですか!?

宮脇さん信者ならもう絶対訪問してください「わ鐵」&間藤駅!
でもいまの間藤駅は周りの風景から浮いてる
とってつけた感じがどうにもやっぱり残念なんですが…。

僕の旅記事、楽しんでもらえてると嬉しいんですけど
本格的なテツの方にはきっとデータ的にも浅くて役に立たないし
かといってフツーの方にはマニアックに映るんでしょうし
自分の見たいものしか撮ってない載せてない僕には
「濃いい」んだかどうだか実はよくわかんなくなってます(笑)。

by Kyo-to | 04 25, 2011 - URLedit ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます

by | 04 25, 2011 - [ edit ]

★鍵コメさん

お返事が大変遅くなって申し訳ありません。
リンクさせていただきました。これからも宜しくお願いします。

P.S.
どうでしょう最新作は京都ではまだ放送されてません(泣)。

by Kyo-to | 04 28, 2011 - URLedit ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます

by | 05 07, 2011 - [ edit ]

管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)