RSS
プロフィール

Kyo-to (キョート)

Author:Kyo-to (キョート)

線路を走るのは何でも「デンシャ」ぐらいのユルさで鉄道旅を通して出会った風景や人、古い駅舎や古い町並みを記録していきたいと思っています。時々、地元京都。
リンク、そして古い記事でもコメントなど、お気軽にどうぞ。

※万が一、写真を気に入ってもらえて、私的な保存などは構いませんが、改変・転載等は勘弁してください。


JWordクリック募金


recommend_bnr03.png

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
メールでのご意見・ご質問はお気軽にコチラへ

お名前:
アドレス:何か入力しないと送信できないみたいです
件名:
本文:

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GW2011-九州 #7  JR吉都線 えびの駅  〔宮崎県〕

06 05, 2011 | デンシャ旅 -九州(JR)

6 Comments
110503-6.jpg
2011年5月3日、GW九州旅2日目。
JR吉都線、京町温泉駅から次の目的地に向かう途中に
ついに雨が降り出しました。

110503-7.jpg
えびの駅。ここを訪れるために吉都線に乗ったと言っても過言ではない、
大正元年(1912年)築の絵に描いたような素晴らしい木造駅舎です。
平成2(1990)年までは開業当時の「加久藤(かくとう)駅」と呼ばれていたそう。

110503-9.jpg
駅前風景。ここで降りたのも乗ったのも僕ひとりだったし、
一台のタクシーも駐まってなかったところを見ると余所からの訪問者はほぼ皆無なのでしょう。

110503-8.jpg
無人駅ですが、窓口など人の気配がありそうな駅舎内。
何でも、以前映画のロケで使用されたのを記念してその時のままにしてあるんだそうです。

110503-10.jpg
雨で足止めされたというか駅舎が引き止めてくれたのか、
随分長い時間、しかも独り占めで駅舎内で過ごせました。
(つづく)

撮影日:2011年5月3日
カメラ:Nikon D3S + Nikon AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

「東北関東大震災」支援クリック募金

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ 拍手も併せてありがとうございます



★旅メモ(つぶやきレベルの備忘録)

10:13、吉都線上り2926Dで京町温泉を発つ
乗車したのは吉松から折り返してきた、要するに僕が都城から乗ってきた車両
 
10:19、えびの駅に到着
たった一駅だが駅間距離は4.6kmもあるので京町温泉から徒歩の移動は考えなかった

k050.jpg
ぜひとも訪問したかった、えびの駅!
すぐ近くの肥薩線の駅ばかり脚光を浴びてるけど遜色のない素晴らしい駅舎
ただ、この写真は駅前のアパートの階段から撮ってるんだけど、
 コインランドリーがすぐ横にあったりと旅情や秘境感がないのが玉に瑕?

k051.jpg
えびの出身の黒木和雄監督作品「美しい夏 キリシマ」(2003年公開)の
 ロケ地としてこの駅舎が使用されたのを記念する碑が
劇中では「霧野駅」として登場するそう
観てないけど調べたら香川照之さんとか出てて面白そう

k052.jpg
ロケのためにアルミサッシが木枠に、改札が木製ラッチに、など手が加わったそうなので
 駅舎のどこまでがオリジナルか判然としないけど、この応接セットは間違いなく無関係
  でも古い駅舎内なのにソファでゆったり存分にくつろがせてもらった

k053.jpg
午前中で切り上げる予定の吉都線でじっくり訪問できたのはたった2駅だったが、
 列車交換待ちなどで一瞬駅前に出られた駅もあった
 この高崎新田(たかさきしんでん)はタイミングを計り損ねてチャンスを逃した…

k054.jpg
小林(こばやし)駅はその成功例
が、古いのか新しいのか、デザイン面のバランスもちぐはぐな感のある微妙な駅舎(失礼)

k055.jpg
国鉄時代は特急「おおよど」や急行「えびの」などが走っていたそうで、
 長いホームがその名残りを感じさせる 小林駅以外も同様

k056.jpg
こちらは えびの飯野(いいの)駅
こうして見ると えびの駅だけが異質に感じる

k057.jpg
えびの駅を発ったのは11:32の下り2927D キハ47+147の2両編成
11:46に終点の吉松着 吉都線完乗
3分の接続で11:49、肥薩線上り1254D「しんぺい2号」で慌しく吉松を後にする

« GW2011-九州 #8  JR肥薩線  〔鹿児島県~熊本県〕 GW2011-九州 #6  JR吉都線  〔宮崎県〕 »

- Comments
6 Comments

木製の柵に木造の窓枠、かなり魅かれます。
駅前の自販機を移動して写真を撮りたいくらいです。

待合室の日本地図がなんか雰囲気から浮いていますね。
映画で使われたのもなのかな?

by mcd | 06 06, 2011 - URLedit ]

★mcdさん

mcdさんも魅き付けてしまうイイ駅舎でしょ~、えびの駅!
登録有形文化財とかの指定も受けてないみたいなのに
残ってるのが奇跡としか思えません。
映画ロケに使われてなかったら危なかったかもしれません。

日本地図、映画を観てないので何とも言えませんが
戦中/戦後を描いた映画のようなのでその頃の日本地図ではなかったように思います。
窓口脇にはマンガ本とかも置いてありましたし(笑)、
デンシャ待ちの通学生向けなのかも。

by Kyo-to | 06 07, 2011 - URLedit ]

2枚目と4枚目の構図は
映画 『美しい夏キリシマ』でも撮られていたかと思います

"どことなく不思議ちゃんキャラ" な 平岩紙さんが
モンペ姿で、学徒動員された女子駅員を演じていたことを
思い出しました

昭和20年頃の、この地方の風景や暮らしぶりが丁寧に考証されていて
kyotoさんの絵心にもインスピレーションをもたらす映画かもしれません

小生も、毎年夏になると鑑賞したくなる作品
おすすめの1本です

by kiha58_1523 | 06 11, 2011 - URLedit ]

★キハ58さん

お薦めコメントありがとうございます。
さすがキハ58さん、既にご覧になられてましたか「美しい夏キリシマ」。

えびの駅は周囲に色々と物件が建ちすぎてて
昭和20年頃を舞台にした劇中に登場させるには
かなり撮影位置など限られるだろうな、と思ったんですが
どんな風にフィルムに焼き付けられてるのか、なども含めて
キハ58さんお墨付きなら間違いないのでぜひ楽しみに観てみたいと思います。

by Kyo-to | 06 12, 2011 - URLedit ]

とりあえず雰囲気だけでも、ということで
webにupされている予告編を探してみました↓

http://www.dailymotion.com/video/xeg76v_yyy-yyyyyyyy_shortfilms

壁には、当時の宮崎の全県地図が貼られていたようですね
女優さんがきれいに撮られていて
そういう意味でも印象的な作品です

by kiha58_1523 | 06 12, 2011 - URLedit ]

★キハ58さん

ご丁寧に予告編のご紹介、ありがとうございます。

嗚呼、イイですねぇイイ感じですねぇ!
夏の、晴れた日の霧島連山があんなにも美しいとは!!
ピアノの音色と重ねられるとあの風景だけで泣きそうになります(汗)。
DVD買ってもいいかな、とさえ思えてきました。
観たらまた晴れた日に吉都線を再訪したくなりそうですが(笑)。

by Kyo-to | 06 13, 2011 - URLedit ]

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。