FC2ブログ
RSS
プロフィール

Kyo-to (キョート)

Author:Kyo-to (キョート)

線路を走るのは何でも「デンシャ」ぐらいのユルさで鉄道旅を通して出会った風景や人、古い駅舎や古い町並みを記録していきたいと思っています。時々、地元京都。
リンク、そして古い記事でもコメントなど、お気軽にどうぞ。

※万が一、写真を気に入ってもらえて、私的な保存などは構いませんが、改変・転載等は勘弁してください。


JWordクリック募金


recommend_bnr03.png

カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
メールでのご意見・ご質問はお気軽にコチラへ

お名前:
アドレス:何か入力しないと送信できないみたいです
件名:
本文:

GW2011-九州 #8  JR肥薩線  〔鹿児島県~熊本県〕

06 06, 2011 | デンシャ旅 -九州(JR)

6 Comments
110503-11.jpg
2011年5月3日、GW九州旅2日目。
吉都線の旅を終え、肥薩線(ひさつせん)の吉松(よしまつ)から人吉(ひとよし)間を
観光列車「いさぶろう・しんぺい」号で移動します。

110503-12.jpg
運行上は普通列車の扱いなので特別な切符は不要ですが、座席の大半は指定席。
車窓をゆっくり楽しみたい方は早めに予約しておくことをお薦めします。

110503-13.jpg
真幸(まさき)駅停車中に撮影させていただいたアテンダントさん。
車窓の案内や記念撮影など色んなサービスを提供して下さいます。

110503-14.jpg
真幸、矢岳(やたけ)、大畑(おこば)の3つの名駅舎に
それぞれ数分ずつ停車してくれるのもこの観光列車の魅力のひとつ。

gw11-3.jpg
人吉駅に到着、再び吉松へ折り返す列車を見送ります。
ちなみに時刻表では上りが「しんぺい」、下りは「いさぶろう」と名称が変わります。

肥薩線マップ
肥薩線は熊本県の八代から宮崎県を経由して鹿児島県の隼人(はやと)まで、
肥後と薩摩を結ぶ 124.2kmのローカル線。
2年前(09年)に既に全線乗り通していて、今回は次の目的地への移動に
一部を乗っただけなのでした。
(つづく)

撮影日:2011年5月3日
カメラ:Nikon D3S + Nikon AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR
イラストマップ:Painter9.5 + Wacom intuos2で作成

「東北関東大震災」支援クリック募金

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ 拍手も併せてありがとうございます



★旅メモ(つぶやきレベルの備忘録)

吉松 11:49発、肥薩線 1254D「しんぺい」2号に乗車
観光列車にはできれば乗りたくなかったけど人吉までの区間は極端に本数が少なく、
 選べる状況じゃない、というのが本当のところ

観光列車の意義や存在を否定するつもりは毛頭ないけど、
 観光バス同様の受動的な「旅」をよしとする(ように見える)乗客と
 乗り合わせるのはちょっと苦痛
 なんて、そんな取り澄ましたことを言ってみたところで
 乗り込んでしまえば僕もその内のひとり

何にせよ、指定席は全部埋まってるので
 人吉までの1時間強は立ち通し、ということだけは動かしようのない真実

k058.jpg
12:02頃、最初のイベント・真幸駅での5分程度の停車 ここだけ宮崎県
既に「いさぶろう・しんぺい」の旅は2年前経験していて勝手が分かってるので
 気持ちに余裕があるハズなのに前回と何か違った発見もできず落ち込む…

k059.jpg
真幸駅停車直後のホーム みんなが押し寄せる先には…

k060.jpg
この駅お約束の「幸福の鐘」

k061.jpg
12:07、真幸駅を発つ お次はこの区間最初のスイッチバック

k062.jpg
そして日本三大車窓、と乗客を飽きさせない「イベント」が続くのだけれど
 この日はあいにくの天気で手前の山裾以外 何も見えず

k063.jpg
12:22頃、2つ目の停車駅・矢岳へ ここから熊本県 長めの10分近い停車時間
 右手に人の流れがあるのはSLが保存されている車庫が存在するため
 前回見たので今回はまったく無視

k064.jpg
矢岳12:32発、今度は眼下の大畑駅へ向けループ線を下る

k065.jpg
12:49頃、この区間最後の停車駅、大畑へ 停車時間3分ほどだが押している
 駅前に出てこの写真で精一杯 ヘボすぎ
 写真はともかくやっぱり駅舎を味わうには相応の時間が要ることを今回も痛感

k066.jpg
12:52、大畑駅で2度目のスイッチバックを経て人吉盆地へと降り 13:03、人吉に到着
 大半の乗客は写真奥、13:20発の特急「くまがわ」4号で熊本へ向かうという流れ

k067.jpg
人吉駅の西側にある明治41年築の石造りのシビれる機関庫
 12:13に熊本から到着した「SL人吉」が14:38の折り返し運転まで休んでいる姿が見えた
 もちろん好んで乗るつもりはない 走る姿は拝んでみたい気もしたが、
 そのためにワザワザ時間を削ることがまずないのも僕のデンシャ旅

« GW2011-九州 #9  くま川鉄道  〔熊本県〕 GW2011-九州 #7  JR吉都線 えびの駅  〔宮崎県〕 »

6 Comments

はじめまして。
私もJR完乗を目指してたり、木造駅舎が大好きで
いろんな方のブログも拝見するのですが
Kyo-toさんの写真ほど旅情を掻き立てるものはない!と
すっかりとりこになってしまいました。
その土地の人にフォーカスしているのも素敵です。
皆さん本当に良い表情されていますよね。
また続きを楽しみにしています。

by はる | 06 06, 2011 - URL [ edit ]

こんばんは。
昨年自分が肥薩線を訪れた事を思い出しながら
読ませていただきました!
この区間はホントに本数が少ないですよねえ(汗)
「自由席ってどこなの?」と焦った思い出が(笑)

僕が乗車した時には今回のKyo-toさんの写真で目にしたような
「観光客全力ダッシュ」的場面はなくて
なかなかまったり駅舎見物できたのですが、
こうした場面に遭遇するとなんか興ざめしてしまいますよね(汗)

「点と点」を廻る旅行ではなくて
その間を結ぶ「線」を楽しむ旅がしたいと
僕はいつも思ってしまいます(苦笑)

by pepe | 06 06, 2011 - URLedit ]

★はる さん

はじめまして、そして嬉しいコメントありがとうございます!

そうなんですよ、駅名標と乗ったデンシャの写真だけで「~線を旅しました」
って言われてもどんなトコ走ってるかすら分かんないです(号泣)
ってブログが結構多いのが僕も残念だったので、
僕なりに思う旅の感触を表現し続けてたつもりでしたが、
そんなにダイレクトなお褒めの言葉を頂いたのは初めてで狂喜乱舞しております(笑)。

ホントにありがとうございました。
これを励みに精進していきますので、また気軽に遊びに来て下さいね。

by Kyo-to | 06 07, 2011 - URLedit ]

★pepeさん

いま改めてpepeさんの肥薩線訪問時のブログ記事拝見しました(汗)
春だったんですね~。確かにゆったりした印象。
あ、自由席は…ハッキリ言って「隙間」ですね(笑)。

本数が激しく少ないこの区間で3つも駅舎が訪問できる!っていうんで
2年前に初めて「いさぶろう~」乗ったんですけど、
あれは10月だったか、秋だったんですけどその時も今回同様
ワチャワチャした感じで、それで何か「あー、もうこういうのはイイや」
って何だか肥薩線の印象まで霞んじゃったんです。

いや、水戸岡さんの車両は文句ナシにカッコよくて大好きですし
こういう旅を好む人が居ても別に全然イイんですけど、
選択の余地がなかったというのが悲しかったんですよね(泣)

by Kyo-to | 06 07, 2011 - URLedit ]

こんにちは、初めてブログ拝見しました。
私もこの前、肥薩線に乗りました。

雰囲気のいい電車で、スイッチバックも
面白かったです。 

駅にいた地元のおばちゃんの
物産販売の勢いもすごくて笑いました(笑)

by みやみや★ | 04 09, 2013 - URLedit ]

>みやみや★さん

初めまして、こんばんは。コメントありがとうございます。

肥薩線、乗られたんですね。
特別に鉄道に興味がなくても楽しめるイイ路線ですよね。
デンシャ旅ブログなんかやってる僕ですが、ただ、
スイッチバックはいつも条件反射的に注目してしまうものの
実はあんまりそれほど面白いとは思ってなかったりします(苦笑)。

ブログ、チラッと拝見しましたが、
水曜どうでしょう、お好きなんですね(笑)。
僕もめっちゃ大好物です。

by Kyo-to | 04 10, 2013 - URL [ edit ]

管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)