FC2ブログ
RSS
プロフィール

Kyo-to (キョート)

Author:Kyo-to (キョート)

線路を走るのは何でも「デンシャ」ぐらいのユルさで鉄道旅を通して出会った風景や人、古い駅舎や古い町並みを記録していきたいと思っています。時々、地元京都。
リンク、そして古い記事でもコメントなど、お気軽にどうぞ。

※万が一、写真を気に入ってもらえて、私的な保存などは構いませんが、改変・転載等は勘弁してください。


JWordクリック募金


recommend_bnr03.png

カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
メールでのご意見・ご質問はお気軽にコチラへ

お名前:
アドレス:何か入力しないと送信できないみたいです
件名:
本文:

GW2011-九州 #9  くま川鉄道  〔熊本県〕

06 07, 2011 | くま川鉄道

0 Comments
110503-15.jpg
2011年5月3日、GW九州旅2日目。
人吉からは、第3セクターのくま川鉄道へ。
かつて国鉄/JR湯前線(ゆのまえせん)だった路線です。

乗車したのは写真左の車両で、右は水戸岡さんデザインの観光列車「KUMA」

110503-16.jpg
名称から球磨川(くまがわ)の渓谷に沿って走るイメージを勝手に抱いてましたが、
終点までずっと平坦でのどかな風景が続いて拍子抜けしました(苦笑)。

110503-17.jpg
乗客はローカル線お決まりの学生さんや高齢者の方々。

110503-18.jpg
行き止まりの終点・湯前まで24.8km、片道45分ほどの道のり。

110503-19.jpg
湯前に到着した時点で、僕の乗りつぶし史において
熊本県の鉄道全路線完乗となりました。

くま鉄マップ
JR人吉駅併設の人吉温泉(ひとよしおんせん)駅~湯前まで24.8km、
全線単線・非電化の路線です。
(つづく)

撮影日:2011年5月3日
カメラ:Nikon D3S + Nikon AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR
イラストマップ:Painter9.5 + Wacom intuos2で作成

「東北関東大震災」支援クリック募金

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ 拍手も併せてありがとうございます



★旅メモ(つぶやきレベルの備忘録)

人吉へ来たのは僕にとってこれが熊本県内最後の未乗路線となる くま川鉄道に乗るため

JR人吉駅の一番北側のホームが くま川鉄道・人吉温泉駅
切符をホームの自販機で買う 終点・湯前まで片道680円
時間の都合で往復しかできないのにホーム窓口の方が1,000円の一日乗車券を薦めてくれる
ありがたくそれを購入したが、よく考えたら応援のためにも通常運賃で乗ればよかった…
代わりと言っては何だけど、普段買わないグッズ(水戸岡さんデザインのポストカード)を購入

13:38、下り15Dに乗車 駐まっていた1両に増結して2両編成で出発

k068.jpg
人吉温泉駅のすぐ脇に「大村横穴群」 縄文時代の頃の墓穴らしい

k069.jpg
ずいぶんとくたびれた車両 やはり通常運賃で微力でもバックアップすべきだった…

k070.jpg
おーい…ラクガキすんなよ

k071.jpg
まっさらな気持ちで旅したいため、いつもダイヤとか最低限の下調べしかしないので
 まさか「くま川」の名を冠した鉄道で鉄橋を渡る時しか球磨川を目に出来ないとは
 思いもしなかった ある意味衝撃 逆に面白くなった

k072.jpg
「懐かしい風景を求めて」の ねじまきてつやさんが今年の2月に利用された
 ブルトレ車両の宿泊施設「ブルートレインたらぎ」のある多良木駅

絶景も、これという特徴もない路線だけど、それがさっきまでの
 肥薩線観光列車でのワチャワチャした雰囲気からの癒しに

k073.jpg
14:22、終点の湯前到着 くま川鉄道完乗
折り返し16Dの発車まで70分もあるので湯前の町歩きへ 次回へ続きます

« GW2011-九州 #10 くま川鉄道終点・湯前 〔熊本県〕 GW2011-九州 #8  JR肥薩線  〔鹿児島県~熊本県〕 »

0 Comments

管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)