FC2ブログ
RSS
プロフィール

Kyo-to (キョート)

Author:Kyo-to (キョート)

線路を走るのは何でも「デンシャ」ぐらいのユルさで鉄道旅を通して出会った風景や人、古い駅舎や古い町並みを記録していきたいと思っています。時々、地元京都。
リンク、そして古い記事でもコメントなど、お気軽にどうぞ。

※万が一、写真を気に入ってもらえて、私的な保存などは構いませんが、改変・転載等は勘弁してください。


JWordクリック募金


recommend_bnr03.png

カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
メールでのご意見・ご質問はお気軽にコチラへ

お名前:
アドレス:何か入力しないと送信できないみたいです
件名:
本文:

GW2011-九州 #21  日南線、青島  〔宮崎県〕

06 24, 2011 | デンシャ旅 -九州(JR)

4 Comments
110505_21.jpg
2011年5月5日、GW九州旅の4日目も今回で終わりです。
日南線を丸一日楽しみましたが、
最後はトワイライトタイムの青島(あおしま)でクールダウン。

…いや、そんなサブいことが言いたかったワケではなく、
ここは昔々、家族旅行で訪れたことがあって、どんなだったか見てみたかったんです。
もう20数年前のことになるんですが、さすがに憶えてましたね。

110505_22.jpg
島の中心に鎮座する青島神社。
赤い本殿の写真じゃないんですが、いずれにせよビロウ樹に囲まれた雰囲気は独特。

110505_23.jpg
青島から見た宮崎市内方面。
日向灘(太平洋)を東に望む地勢なので、宮崎の夕陽は山の向こうに沈むんですよね。

110505_24.jpg
元々宮崎を代表する観光地だし昨今流行りのパワースポットでもあるので
黄昏てるカップルとか女のコ2人組とか多かったですねやっぱ。

gw11-5.jpg
さて、日南線この日最後の列車(最終列車という意味ではありません)に乗って
宮崎駅前のホテルに戻ります。そういや左のキイロいのは結局乗れなかったな…。

とにもかくにも、いよいよGWの九州旅も翌日が最終日。
(つづく)

撮影日:2011年5月5日
カメラ:Nikon D3S + Nikon AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

「東北関東大震災」支援クリック募金

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ 拍手も併せてありがとうございます



★旅メモ(つぶやきレベルの備忘録)

油津16:22発の1946Dに乗車、17:14、青島着
20数年前だと思うんだけど、家族旅行で訪れた青島の記憶を辿ってみる

あれは夏休み、オーシャンドームとか無かった頃のシーガイアで泊まって、
 翌朝、貸切タクシーで観光に出かけるのだが、自立心が芽生え始めた時期だったのか
 僕だけ途中から単独行動をとったのだった

多分どこかの駅前で降ろしてもらって、そこから日南線で青島へ行ったハズなのだけど、
 困ったことにどの駅だったか、どんなデンシャだったか全然記憶がない
 当時はまったく鉄道に興味がなかったからだが、旅先の知らない土地で
 一人でデンシャに乗れた興奮みたいなのだけは鮮明に記憶されてる

コンパクトカメラ(もちろんフィルムの時代)を一つあてがってもらってたんだろう、
 明らかに父母&弟たちの観光ルートと違う光景が写った写真が残ってるが、
 一枚は市街地の風景、もう一枚は宮崎市内を流れる大淀川の川岸、
 その次がもう青島になっている ホントに駅舎もデンシャも眼中になかったんだ

推察すると、どうも宮崎市内を歩き、大淀川を渡り、南宮崎から乗った可能性が高い
 結局、青島で家族と偶然合流してしまい、当時の僕の小さな冒険はそこで終わった(苦笑)

k184.jpg
そして現在の僕が目にした青島駅の駅舎
…全然カケラも記憶が無い でも青島の最寄り駅なのでここで降りたのは間違いないハズ

k185.jpg
駅前のタクシー運転手さんに駅舎が当時と一緒か聞いてみる
 色や駅前の雰囲気は変化してるが大筋では変わりないとのこと
 事情を話すと、「あー!」と自分がその時の運転手かも、などとおっしゃるので
 ホンマですか!?オヤジかオカンに聞いてみるので写真を、と興奮して一枚

後日両親に確認をとると、すごく親切な運転手さんでしばらく手紙のやり取りまでしたが
 しばらくして亡くなったとのことで、この写真を見せるまでもなし
 …このタクシーのオッちゃん、ウソばっかりやん!(笑)

k186.jpg
まぁでもこの方も親切で、駅からすぐのこの青島の入り口まで案内して下さった
 何軒かの建物や舗装は変わったが基本的にここも当時と変わってないそう
 うーん、やっぱ憶えてない…

k187.jpg
青島が見えるとさすがに記憶が甦ってきた この橋も覚えてる
 子供の頃見た光景がやっと一致した あの時はもっと青空で暑かったけど

k188.jpg
島の周囲は波状岩、俗に言う「鬼の洗濯岩」
 水曜どうでしょうファンなら
 「汚れ物はねぇがぁ!ためるなって言ってんだろぉ!」
 とナマハゲの大泉さんのシーンが瞼に浮かぶがあれはもうちょっと南の海岸

k189.jpg
青島神社 当時も写真を撮ってる が、ここでまた記憶から外れる
 今もそうだが神社に興味がなく(ある子供の方が変だが)印象に残らなかったんだろう
 今見るとこの光景は結構面白い
 
k190.jpg
県道377号を跨ぐ歩道橋から北を 左手が駅方面、右手に青島入り口
 昭和な感じの土産物店など残ってるが憶えてない
 先の運転手さん曰く、潰れたホテルも多いとのことで青島も厳しそうだ
 僕も今回のような事情がなければきっと来てない

結局、青島そのものの記憶しかなかった

k191.jpg
青島 18:32の1950D、快速日南マリーンに乗車、18:54、南宮崎着
 「海幸山幸」が今日の仕事を終えて留置されてた

k192.jpg
ホテルに戻る前に、日南線の起点駅・南宮崎の駅舎を見ておこうと下車
 あ!この駅舎は見覚えがある!
 改札が二階にあって、しかも両脇にある階段で上ったのも記憶がある
 多分、南宮崎で乗ったのに間違いないと思う

k193.jpg
駅前の風景も何となくだけど見覚えがある
っていうか宮崎市中心部から大淀川を渡ってここまで来るのは結構距離があるぞ
まぁその頃から知らない町を歩くのは苦じゃないというか面白かったんだと思う
旅好きなのはオヤジが家族旅行で色んなトコへ連れてってくれたお陰

結局のところ、僕は基本的に興味も行動パターンもその頃から何も変わってないんだ
 ということだけは痛感した、本人以外はどうでもいい青島騒動でした
 おそまつ

南宮崎からは19:29、日豊本線 6016Mに乗車
 前日宮崎へ辿り着いた時とまったく同じ便、特急「きりしま」16号
 宮崎までたった一駅の特急利用なんてのは周遊きっぷならではの戯れ

19:32、宮崎着 駅前ホテルに連泊

« GW2011-九州 #22  JR宮崎空港線  〔宮崎県〕 GW2011-九州 #20  日南線、油津  〔宮崎県〕 »

4 Comments

こんにちは

いつ来ても以前の記事を読んでも 本当に面白くて・・・
とくに九州は私にとっては未知の世界で毎回わくわくです
旅気分味わっています ありがとうございます(^^)

さすが南国、海辺を歩く女性が絵になってる
このとき北海道まだ雪ありましたからねえ・・・

前のほうの記事の山崎邦正もヒットでしたが タクシーの運転手さんと 洗濯岩で・・・内野安打のたたみかけで点をあっさりとられたような気分です おもしろい~

うちの長男にカメラを持たせたのは(フィルムカメラ)4歳の時でしたが 写ってたものは駅・線路・信号・車両本体に排気筒、サボ、ライト、なんかのネジ・・・すでに鉄道アラカルトでした

by jam | 06 24, 2011 - URLedit ]

Kyo-toさん、こんにちは。
幼い頃の思い出を辿る旅、というのも面白いですね。
知らない町を次の駅まで歩くとか、すでに旅人の素質が備わっていたようですねぇ…。
それにしてもタクシーのおっちゃん適当(笑)

by ねじまきてつや | 06 24, 2011 - URLedit ]

★jamさん
お返事が遅くなって申し訳ありません。
「旅気分~」ってのは最高の褒め言葉なので、こちらこそありがとうございます!

僕にとっては北海道がほとんど未知の世界で、いつもjamさんの写真を拝見しては
早く行きたいなぁ~!って、期待は募るばかりです。
でもGWに行くなら防寒対策は必要みたいですね(笑)。

どうバカなので、どうでしょうネタは外せませんが(笑)、
それ以外の小ネタもマメに拾ってますんで、楽しんでいただけると幸いです。

僕の子供時代はフィルムカメラしかありませんでしたけど、
それでも4歳の頃なんてカメラに触れたことすらなかったと思います。
お子さんはどうか、あるがままに我が道を行かせてあげて下さい!(笑)

by Kyo-to | 06 26, 2011 - URLedit ]

★ねじまきてつやさん

お返事が遅くなって申し訳ありません。

思い出を辿ってみたものの、明確に記憶してたのは青島だけで、
そもそもどうして宮崎市内から歩いて南宮崎でデンシャに乗ったのかっていう
根っこの部分から意味不明で、正直困惑してます(苦笑)。

写真のタクシーの運転手さんはまぁテキトーっちゃあ適当ですけど(笑)、
もう結構長くお仕事をされて たくさんの観光客を乗せておられるようなので
似たようなお客さんが居ても不思議じゃないな、って思いましたよ。

by Kyo-to | 06 26, 2011 - URLedit ]

管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)