FC2ブログ
RSS
プロフィール

Kyo-to (キョート)

Author:Kyo-to (キョート)

線路を走るのは何でも「デンシャ」ぐらいのユルさで鉄道旅を通して出会った風景や人、古い駅舎や古い町並みを記録していきたいと思っています。時々、地元京都。
リンク、そして古い記事でもコメントなど、お気軽にどうぞ。

※万が一、写真を気に入ってもらえて、私的な保存などは構いませんが、改変・転載等は勘弁してください。


JWordクリック募金


recommend_bnr03.png

カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
メールでのご意見・ご質問はお気軽にコチラへ

お名前:
アドレス:何か入力しないと送信できないみたいです
件名:
本文:

GW2011-九州 #26  タイムリミット迫る  〔大分県〕

07 02, 2011 | デンシャ旅 -九州(JR)

2 Comments
110506_21.jpg
2011年5月6日、GW九州旅最終日。
日豊本線を北上しながらの駅めぐり、そしてこの九州旅にもタイムリミットが迫ってます。
豊後(ぶんご)、豊前(ぶぜん)と対称的な旧国名を冠する2駅が実質ラストの訪問駅でした。
まずは豊後豊岡(ぶんごとよおか)駅。

110506_22.jpg
ホームから別府湾や別府温泉街、高崎山などが望めるロケーション。

110506_23.jpg
駅員さんがメチャめちゃ気さくな方で、駅務室に招き入れてまで
可愛がってるメダカを見せて下さいました(笑)。いい思い出です。

110506_24.jpg
こちらは打って変わって無人駅の豊前長洲(ぶぜんながす)駅。
国東(くにさき)半島の西の付け根、福岡県との県境にほど近い場所にあります。
中津(なかつ)・宇佐(うさ)のあたりは「豊前」なんですね。

110506_25.jpg
気動車が1両でやって来そうな、寂寥感あふれるたたずまい。
僕自身はもちろん大好きですけどね、こういう雰囲気。

次回、ようやく最終回です。
(つづく)

撮影日:2011年5月6日
カメラ:Nikon D3S + Nikon AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

「東北関東大震災」支援クリック募金

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ 拍手も併せてありがとうございます



★旅メモ(つぶやきレベルの備忘録)

東別府から14:43、4642Mに乗車 815系
ロングシートが埋まってるので車両の一番前に立つ

別府は一度は降りてみたいと思うが今回もスルー
 フツーの旅行者は別府を無視するなんてありえない

k233.jpg
複線区間 883系特急「ソニック」とすれ違う 別府~別府大学間で

k234.jpg
14:53頃、亀川(かめがわ)駅で意味は分からないが5、6分運転停車というので
 駅前に出てみて打ちのめされる 駅舎が建て替わっていたから
僕は訪問したい駅舎だけは唯一リサーチして来るのだが、
 その際ネットで見たのは東別府駅と同い年の古い木造駅舎だった

k235.jpg
15:03、豊後豊岡着
ホントにどこでもあっさり建て替わるので心配したがここは大丈夫だった

クルマで集中して周れば良さそうなモンだけどそれはもう駅めぐりじゃない気がする
 何でも簡単にやってしまうと簡単に忘れてしまう

k236.jpg
特急停車駅ではないのでソニックが駆け抜けていく
 さっきは885系の白いソニックが別府方面へ消えていった

k237.jpg
すぐ脇の国道10号のクルマが五月蝿いが、ホームからの眺めは素晴らしい
 駅員さんもイイ方で去り難くなる

15:34、4644Mに乗車 815系

k238.jpg
日出(ひじ)から海を離れて国東半島の付け根を横断
 写真は途中の大神(おおが)駅 こんな駅でも駅員さんがいる

k239.jpg
16:15、豊前長洲着
 数人の地元の方と降りたが、みんな去ってしまうと人の気配のなくなった無人駅

k240.jpg
ここでも相変わらずソニックが上り下りと頻繁に駆け抜けていく

k241.jpg
駅の駐輪場で
看板で言ってる事はすごく正しい けど絵が腹立つなぁ(笑)

k242.jpg
かと思えば駅前駐車に関する凄く達筆な注意書きもあったり

k243.jpg
跨線橋からホームを
反対側(僕の背後)にも同等の長さで続いてる
 今じゃ10両に満たない特急さえ停まらない駅だが、
 これだけの長さのホームを必要とする時代があったんだな…

« GW2011-九州 #END  GW九州旅の終わり  〔福岡県〕 GW2011-九州 #25  JR九州完乗 旅は続く  〔大分県〕 »

2 Comments

いよいよ旅もラストを迎えるんですね…。
名残惜しいです。(当事者ではありませんが)

亀川駅の建てかえのニュースは以前どこかで見た気がしますが、
もう新駅舎になってしまっていたとは…。
前回記事の西大分と東別府のほか、今回の豊後豊岡と豊前長洲など
大分県も素敵な駅舎だらけですねぇ。
いつまでも(できれば自分が訪問するまで)残ってもらいたいものです。

by ねじまきてつや | 07 02, 2011 - URLedit ]

★ねじまきてつやさん

いよいよ終わってしまいました。
ねじまきさんには、いつもご覧いただいてた上にコメントも頂いて
ホントに感謝してます。

亀川駅はショックでした。
あると思ってたものが失くなってた衝撃というのは、
ショック度ランキングでも結構上位なんじゃないでしょうか(何のこっちゃ)。

九州といえば門司港駅や肥薩線の駅舎ばっかりクローズアップされてる感がありますが、
生活感のある場所に現存する古の素晴らしい駅舎もまだいっぱいあると感じました。
コメントの最後の一行は僕も激しく同意します(笑)。

by Kyo-to | 07 03, 2011 - URLedit ]

管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)