FC2ブログ
RSS
プロフィール

Kyo-to (キョート)

Author:Kyo-to (キョート)

線路を走るのは何でも「デンシャ」ぐらいのユルさで鉄道旅を通して出会った風景や人、古い駅舎や古い町並みを記録していきたいと思っています。時々、地元京都。
リンク、そして古い記事でもコメントなど、お気軽にどうぞ。

※万が一、写真を気に入ってもらえて、私的な保存などは構いませんが、改変・転載等は勘弁してください。


JWordクリック募金


recommend_bnr03.png

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
メールでのご意見・ご質問はお気軽にコチラへ

お名前:
アドレス:何か入力しないと送信できないみたいです
件名:
本文:

2011-03-19 #2   尾道   〔広島県〕

08 04, 2011 | デンシャ旅 -中国(JR)

6 Comments
110319_6.jpg
2011年3月19日。尾道を歩きました。

…つっても後の行程の都合でたった2時間だけなんですよ(汗)。
僕自身はどんなもんかちょっと寄ってみた、って感じだったんですが、
やっぱりというか前回いただいたコメントでも期待値の大きさをひしひしと感じ、
正直ゴメンなさい、と申し訳なさでいっぱいです…。

110319_7.jpg
とりあえず町を見下ろしてみたくて、千光寺山ロープウェイに。

110319_8.jpg
坂道写真館の玄関で。

110319_9.jpg
本通り商店街の大和湯(現在は「ゆーゆー」というカフェ)。

110319_10.jpg
駆け足で2時間ばかり触れただけでは映画の予告編だけ見たような感じで、
案の定、消化不良のまま尾道をあとにすることになってしまいました。

いや、確かにイイところだと思います尾道。
ただ、厨二病で人間が小さい僕にはもっとうらぶれて小ぢんまりした港町の方が
性に合ってるみたいで、もうひとつピンと来なかったのも偽らざる気持ちなんです。
けどそれは多分、京都に来て清水寺しか見なかったような浅い印象だと思うので
次回はもっとじっくりどっぷり尾道を味わい直すことをここに誓います。
(つづく)

撮影日:2011年3月19日
カメラ:Nikon D3S + Nikon AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

「東北関東大震災」支援クリック募金

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ 拍手も併せてありがとうございます




★旅メモ(つぶやきレベルの備忘録)

ずっと気になってはいたが僕自身は尾道に対して特別な思い入れもないかわりに
 悪い話は聞かないので知らず知らず期待していた部分もあって
  それでもいつものようにフラットに接したいと思って来たつもり

JR尾道駅から国道2号線を東へ

千光寺山ロープウェイ山麓駅からロープウェイに乗車
 大人片道280円、往復440円 とりあえず片道で

1103h_7.jpg
山頂駅

1103h_8.jpg
千光寺公園、昭和の正しい観光地といった趣きの山頂展望台

1103h_9.jpg
山頂展望台から南西方面の眺望
 海自体がほとんど見えない山陽本線の車窓から感じることはほぼないので、
  ああやっぱり瀬戸内なんだとしみじみ

1103h_10.jpg
千光寺境内で
 四国じゃないけど、どうでしょうファンならおなじみ!

1103h_11.jpg
千光寺、舞台造りの本堂から

1103h_12.jpg
千光寺道の石段の途中、天寧寺の海雲塔(三重塔)

1103h_13.jpg
千光寺道を下り切ったあたり 山陽本線の踏切

1103h_14.jpg
そういえば、まだ桜もようやく芽吹きかけた頃のことだった

結局、そのあと本通り商店街を通って駅へ戻っただけなので、
 尾道についてほとんど何も見てないに等しい

自分の肌に合う場所特有のゾクっとする感触がナゼだか希薄で、
 もっと深く知りたい、って感じがなかったのは正直な気持ちだけど、
  反面、ツボが分かったら病み付きになりそうな気配がするのも事実
   とにかく今度またゆっくり再訪しないとダメだと思った

« 2011-03-19 #3   尾道 坂道写真館   〔広島県〕 2011-03-19 #1   尾道へ   〔広島県〕 »

6 Comments

2時間滞在なのに、よくポイントを押さえられていると思います、さすがです。

>できればmcdさんに案内いただけたら

スケジュールさえ合えば、いいですよ~
とは言っても、私は数を踏んでも、いつも同じ場所を歩いてばかりなので、ディープな世界には導けませんが・・・

by mcd | 08 05, 2011 - URLedit ]

★mcdさん

え~~っ、さすがだなんておっしゃっていただくと恐縮してしまいます(汗)。
単に楽して山に登ってただ降りてきただけなので…。

先入観持たないように下調べしていかない割に、自分流の切り口を見つけるワケでもないので
この尾道は特に自分の不甲斐なさを痛感しました。
別にディープでなくてもいいので、そんな僕をいつかホントに案内していただけると嬉しいです。
災害で不通なゆえに中国地方で唯一乗り残しているJR線、美祢線が秋に全面復旧するそうなので、
その訪問の際に、今度は尾道に丸一日費やす計画でも組んでみようかと思ってます。

by Kyo-to | 08 05, 2011 - URL [ edit ]

海沿いにうねうね走る電車から見る風景。尾道大橋から見下ろす風景。太陽が燦々と降り注ぐこの街の風景はどれも桃源郷のように見えるから不思議です。
一度ゆっくり歩きたい街ですが、年寄りにはきつそうですね。



by サットン | 08 06, 2011 - URLedit ]

★サットンさん

ホントに「山陽」な雰囲気がいっぱいですよね尾道。
サットンさんなら既に行かれてると思ってたので驚きです。
お年寄り、はご愛嬌にしても(笑)、僕みたいにロープウェイという手段もありますし、
海側にも尾道らしい佇まいはたくさんありましたよ。

by Kyo-to | 08 07, 2011 - URL [ edit ]

ほんとに映画の予告編みたいですねえ
憧れの町だなあ
関東の人間にとって大阪より西って
とにかく遠いんですよねえ

by 向日葵 | 08 11, 2011 - URL [ edit ]

お返事が大変遅くなってホントにすいませんでした。

僕も東京より東は遠いなぁ、って感じるんですよ(笑)。
そのせいで行きそびれていた東北があんなことに……。

広島には鞆ノ浦とか呉とかもあるんですけど、
尾道の知名度が頭抜けてるのはやっぱ大林監督の映画が大きいんですかね。

by Kyo-to | 08 24, 2011 - URL [ edit ]

管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)