FC2ブログ
RSS
プロフィール

Kyo-to (キョート)

Author:Kyo-to (キョート)

線路を走るのは何でも「デンシャ」ぐらいのユルさで鉄道旅を通して出会った風景や人、古い駅舎や古い町並みを記録していきたいと思っています。時々、地元京都。
リンク、そして古い記事でもコメントなど、お気軽にどうぞ。

※万が一、写真を気に入ってもらえて、私的な保存などは構いませんが、改変・転載等は勘弁してください。


JWordクリック募金


recommend_bnr03.png

カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
メールでのご意見・ご質問はお気軽にコチラへ

お名前:
アドレス:何か入力しないと送信できないみたいです
件名:
本文:

2011-03-21 #3  山口線 津和野  〔島根県〕

09 07, 2011 | デンシャ旅 -中国(JR)

6 Comments
110321_11.jpg
2011年3月21日、JR山口線の旅。
いよいよ「山陰の小京都」とも称される、津和野(つわの)へ。
鍋倉駅から下り列車で再び島根県へ戻ってきたんですけど、
島根の方ゴメンなさい、この旅までは津和野は何となく山口県だと思ってました(汗)。

110321_12.jpg
僕は京都の人間ですが、おしなべて「小京都」と呼ばれる町の方が
マンションとか建ちまくりの本家(?)よりよっぽど京都っぽいっていうか、好きですねぇ。

110321_13.jpg
昭和6年築の津和野カトリック教会。

110321_14.jpg
掘割の鯉。津和野の象徴的な光景のひとつ。

110321_15.jpg
落ち着いた町並み。石州瓦がやっぱイイんですよね。
(つづく)

撮影日:2011年3月21日
カメラ:Nikon D3S + Nikon AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

「東北関東大震災」支援クリック募金

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ 拍手も併せてありがとうございます






★旅メモ(つぶやきレベルの備忘録)

鍋倉から8:47、下り2537Dに乗車 単行のキハ40

110321s_22.jpg
最初に一度通り過ぎた時の写真だが、下り列車で津和野へ向かうと
 津和野へ着く手前で車窓から街が一望できる 素晴らしい

110321s_23.jpg
9:07、津和野着 津和野駅舎

110321s_24.jpg
SLやまぐち号の走行区間は新山口からこの津和野まで
転車台と腕木式信号機がある

110321s_25.jpg
前日に浜田から益田まで乗った特急「スーパーおき」も停車する
「スーパーおき」は鳥取・米子から山陰本線、山口線を経由して新山口までを結ぶ特急

110321s_26.jpg
津和野駅前風景 ちと寂しい

110321s_27.jpg
駅の脇にD51 194が静態保存されている
 説明板にはD51について書かれてるだけで由来は不明
 (ちなみにSLやまぐち号はC57)

例の如く、何もリサーチしてないのでとりあえず
 観光案内所でマップをもらって1時間弱で周れそうなルートを聞く
  雨なのでレンタサイクルが選択できないのが残念

110321s_28.jpg
駅前の観光案内所の向かいの建物
「喫茶 食事 土産品 SL記念館」とあるがどう見ても営業してないっぽい

110321s_29.jpg
観光案内所の隣に津和野出身の報道写真家、
 桑原史成(くわばらしせい)氏の写真美術館
強力に魅力的な企画展が催されてるが涙を飲んで町歩きへ

ちなみに画家の安野光雅さんもこの津和野出身で、
 その美術館もある 1時間で訪問しようってのが土台間違ってた(泣)

110321s_30.jpg
メインストリートの本町通
 京都でも言えることだが、クルマがデカい顔で走り回るのが腹立たしい
  地元の方かもしれんけども

あと、祇園の花見小路みたいにキレイキレイに舗装されて電柱のない通りは好かん
 生活感がない

110321s_31.jpg
華泉酒造 建物は登録有形文化財に指定されている

110321s_32.jpg
こういう小路の方がイイ

110321s_33.jpg
津和野カトリック教会
内部は畳敷きの珍しい教会だそうでぜひ見たかったが時間の都合で断念

110321s_34.jpg
津和野町役場津和野庁舎
ヘンなハコモノ庁舎に建て替えたりしなかったのが素晴らしいと思います!

110321s_35.jpg
殿町通の掘割の鯉
3月の冷たい雨の降る日でも、割と元気に泳いでた
藩政時代、非常時の食料用に飼われたのが始まりだとか

110321s_36.jpg
森鴎外などを輩出した藩校だった藩校養老館
 現在は民族資料館だそう

110321s_37.jpg
津和野川 イイ町にはイイ川がある 鴨川みたいに何かホッとする

110321s_38.jpg
源流は京都の祇園祭(八坂神社の祭礼)だという鷺舞(さぎまい)
京都ではもう名残り程度にしか残ってないのでナマで見てみたいな

110321s_39.jpg
橋のすぐ脇に山口線が通ってた
「スーパーおき」が駆け抜けて気付き、あわててカメラを向けたのでヒドい写真だ

110321s_40.jpg
結局1時間弱ではメインストリートを歩いてまた駅に戻ることしかできなかった
中心部から外れた場所の町並みも良さそうだし、またぜひ再訪したい

« 2011-03-21 #4  山口線 仁保、SLやまぐち号  〔山口県〕 2011-03-21 #2  山口線 徳佐駅、鍋倉駅  〔山口県〕 »

6 Comments

こういった小京都の町並みは雨の方が断然映える気がします。
良い雰囲気だと思います。
津和野カトリック教会の壁が顔に見えました(笑)

鉄道旅行では決められた時間内で散策するという制限が付きますが、
逆にそれだからこそ記憶にも残るし、「また来よう」という気になるのかな、と思います。

by ねじまきてつや | 09 07, 2011 - URLedit ]

え? 津和野って山口県ではないのですか????

山陰の特に西部ってちょっとかじっただけでほとんど訪問経験がない場所。
雨の旅がかえって雰囲気を醸し出していますね~。

by どんぶり | 09 08, 2011 - URLedit ]

★ねじまきてつやさん

お返事がいつも遅くてすいません(汗)

雨は情緒が増して結構好きなんですが、
旅先の香川(四国)のユニクロで買った折り畳み傘を差しながら撮るのが難儀だし
撮りたい気分とズレたりストレスでもあります(笑)。

多分、どれだけ滞在しても「もう思い残すことはない」ってことはないんでしょうけど、
限られた時間、限られた命だからこそ尊いんだってことを
僕は銀河鉄道999から学んだ気がします(何のこっちゃ)

by Kyo-to | 09 09, 2011 - URL [ edit ]

★どんぶりさん

ご無沙汰してます!(ブログは楽しく拝見させていただいてますヨ)
せっかくコメントいただいたのにお返事が遅くなってすいません。

そうなんですね、萩・津和野って何かセットになってる感じだったりして
津和野も山口ってイメージだったんですよ僕も(滝汗)。
ほとんど県境ですけど、津和野は島根県でした。

関東からだと、島根・山口あたりは
僕が住む関西から秋田・岩手・青森に感じるような遠さでしょうね。
でも、どんぶりさんが撮られる山口線や山陰本線、ぜひ拝見したいですね。

by Kyo-to | 09 09, 2011 - URL [ edit ]

津和野駅の手前は少し高いところを走っていますから、街が一望できますね。
さらに高い場所にある太鼓谷稲成神社からは、山口線も含めた街を一望できます。

ここから上りのSLを撮影するとサイドから後追いの構図になりますが、
煙もたくさん出ていて、遠くからでも迫力を感じられます。
(風向きによっては後ろの客車が煙で隠れることもありますが)

津和野周辺以外では長門峡もおすすめポイントです。
鉄橋を渡る列車はもちろん、駅舎に飾られた巨大な長門峡の古い絵地図もいい感じです。
あそこから萩方面まで峡谷が続いているとは思いませんでした。

by ローカル私鉄ファン | 09 10, 2011 - URL [ edit ]

★ローカル私鉄ファンさん

お返事がとんでもなく遅くなってしまってすいません。

車内から津和野の山襞に見えてた一風変わった神社っぽいの、
太鼓谷稲成神社っていうんですね!
調べてみたら日本五大稲荷のひとつだそうで、でも字は「稲成」なんですね。

僕自身は走る列車を沿線から撮る、っていう嗜好は薄いんですが(汗)、
長門峡駅舎の古い絵地図は興味をそそられますね!
あぁ、知っていればぜひとも訪問したかったんですが…(泣)

by Kyo-to | 09 20, 2011 - URL [ edit ]

管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)