RSS
プロフィール

Kyo-to (キョート)

Author:Kyo-to (キョート)

線路を走るのは何でも「デンシャ」ぐらいのユルさで鉄道旅を通して出会った風景や人、古い駅舎や古い町並みを記録していきたいと思っています。時々、地元京都。
リンク、そして古い記事でもコメントなど、お気軽にどうぞ。

※万が一、写真を気に入ってもらえて、私的な保存などは構いませんが、改変・転載等は勘弁してください。


JWordクリック募金


recommend_bnr03.png

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
メールでのご意見・ご質問はお気軽にコチラへ

お名前:
アドレス:何か入力しないと送信できないみたいです
件名:
本文:

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-03-21 #END  山口線、山口~新山口  〔山口県〕

09 20, 2011 | デンシャ旅 -中国(JR)

6 Comments
110321_26.jpg
夏の終わりの倦怠感みたいなのにやられて随分サボってしまいました…。
2011年3月のJR山口線、そしてこの旅自体も今回でおしまい。
山口駅で最後の途中下車のあと、山口線上り終点の新山口へ。

110321_27.jpg
キハ40形には一日お世話になりました。山口駅で。

110321_28.jpg
山陽新幹線からも見える転車台の脇を通って、新山口駅に到着。

110321_29.jpg
SLやまぐち号のりばの1番線ホームには、SLの動輪と旧駅名「おごほり(小郡)」の観光用駅名標。

110321_30.jpg
まだ京都まで帰らないといけないんですが、
山陽本線の列車が行き交うこの新山口駅が、気持ちとしては今回の旅の終着点です。

震災前の計画をあえて遂行してみた旅でしたが、
普段と何ら変わらぬ光景が拡がっているように見えて、
でもどこか重苦しい空気も流れていたような、
ずっと何かモヤモヤした感じのままの旅だった気がします。
(おわり)

撮影日:2011年3月21日
カメラ:Nikon D3S + Nikon AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

「東北関東大震災」支援クリック募金

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ 拍手も併せてありがとうございます




★旅メモ(つぶやきレベルの備忘録)

篠目駅から13:01の上り2544Dに乗車 単行のキハ40

110321s_63.jpg
13:27、山口駅着
13:33発の664Dが連絡しているが、駅舎や駅前が見てみたいので途中下車

110321s_64.jpg
山口駅の駅前
旅で最も記憶に残らないのがこういう地方都市の駅前風景
国宝五重塔で有名な瑠璃光寺などのあるイイ街だと聞いてたんだけど…

時間の都合で山口市内観光は断念、山口駅14:11発の666Dに乗車 単行のキハ40

110321s_65.jpg
山口駅の隣、湯田温泉駅付近

110321s_66.jpg
その隣の矢原(やばら)駅
山口~新山口間は運転本数も多く、生活路線の趣き

110321s_67.jpg
山口駅からは20分ほどで新山口駅に
到着直前に転車台の脇を通る

110321s_68.jpg
14:33、新山口駅着 山口線、晴れて完乗
09年の山陽本線&宇部線の旅以来、2度目の訪問

110321s_69.jpg
山口線折り返し下りの665Dはタラコ色を1両増結するみたいです

110321s_70.jpg
09年に在来線駅舎は見たけど新幹線駅舎はまだだったので新幹線駅前へ

110321s_71.jpg
新幹線駅前の種田山頭火像 この山口県のご出身なんですね
この方も放浪の人なので、デンシャ旅でその痕跡に出会う確率は
「寅さんロケ地」に次ぐ勢い

110321s_72.jpg
宇部線の105系 懐かしいなぁ

110321s_73.jpg
震災翌日にひっそりデビューした九州新幹線車両をこの日はじめて目にする

っていうか何で新幹線ホームにいるのかというと、
ホントは青春18きっぷ旅を続けて山陽本線で帰るつもりだったのだが、
よく考えたら新山口から京都って遠いよなぁ!と我に返ってしまい、
青春を中止して新幹線でさっさと帰る大人の判断を下したのでありました

110321s_74.jpg
というワケで、15:06の「のぞみ」40号に乗車 N700系

…ところがバチがあたった
連休最終日で指定席売り切れのうえ超満員 デッキですら立錐の余地もない!

たまたま居合わせた女性に「広島発、っていう便がある」と聞き、
それに賭けてみることにして何とか広島まで乗り切る

果たして、広島発の「のぞみ」130号は当然だが空席で入線、
同じく京都まで帰るという彼女と共に座席に収まることができた!
それでも発車間際には通路まで人で埋まる

この素晴らしい名案を伝授してくれた女性は、
九州の大学受験の結果を見に行ってたという、つまりは高3の女の子
ギターも弾くしバンドもやってたというので「おお!」って色々話したけど、
僕の好きなニルヴァーナやレディオヘッドは知らないというし、
彼女のお気に入りのflumpoolは僕は聴いたことないしで
ものすごいジェネレーションギャップを感じた(泣)

17:42、京都着
まだ在来線に乗り換えるという彼女ともお別れ
面白い縁だったけど連絡先も、写真すら撮ってないのも後で気付く(苦笑)
いいなぁ、まだ10代かぁ
彼女の未来に幸多からんことを

« 2011-09-18  城東貨物線 赤川鉄橋  〔大阪府〕 2011-03-21 #5  山口線 篠目駅  〔山口県〕 »

- Comments
6 Comments

山口駅舎、私は好きです。こじんまりとしてるけどガラス面を大きく取った正面デザインが気に入ってます。
印象に残らないというといわゆる新幹線口の佇まいです。各駅とも同じ看板のビジネスホテルが並んでて素寒貧としてて。さっぱり区別がつきません。

by サットン | 09 20, 2011 - URLedit ]

いいですね、女子高生との交流。
(高3というと一回り程違います!)
こういう出会いも旅の醍醐味、ですよね。大学受験の結果が気になります。

山口は高2の頃に訪問しましたけど、瑠璃光寺良かったですよ。
一応小京都の一員でしたよね、山口は。
記憶にはありませんが、きっと素敵な町並みがあるのでしょう。

それにしても新山口という駅名にはピンと来ませんね。
どうしてわざわざ特徴を無くしてしまうのか理解に苦しみます。

by ねじまきてつや | 09 20, 2011 - URLedit ]

お久しぶりです。

岡山旅行篇、お疲れさまでした。
最近あまり伺えない状況ですが、たまにのんびり旅情に浸らせてもらっています。
Kyo-toさんのブログでバーチャル国内旅行的な?

D700もとても素敵なカメラだと思っていますが
D3Sで撮った写真は別次元だな~と。地味に迫力を感じます。
それと何となく湿度を含んでいるような、潤った?感じ。
女子高生の女の子の写真も撮っていたなら
きっといい写真(変な意味ではなく、汗)になっただろうなぁと思います。

by pltr0 | 09 21, 2011 - URLedit ]

★サットンさん

お返事が遅くなって申し訳ありません。

いや、僕も別に山口駅舎は悪く言ってるつもりないですよ(笑)。
特徴のない駅前風景は印象に残らないって感じてて、
おっしゃる通り新幹線口の佇まいは同様にどこも似た雰囲気で、
写真でクイズとか出されても正解できる自信がありません(笑)。

by Kyo-to | 09 22, 2011 - URL [ edit ]

★ねじまきてつやさん

お返事が遅くなって申し訳ありません。

「のだめ」の上野樹里みたいなちょっと面白い女のコでしたよ。
三江線とか旅した帰りに女子高生と一緒に新幹線で帰るとは思いもしませんでした(笑)。
色々あってデンシャ旅は面白いですホント。

山口の瑠璃光寺、イイですかやっぱり(泣)。
山口氏は大内氏が京都に憧れ似せて町づくりをした、筋金入りの小京都らしいので
最初から新幹線で帰るつもりなら寄ってく時間もあったんですが…(アホ)。

小郡と呼ばれてた頃を知らないので、個人的にはそんなにアレなんですが、
例えば京都の東の玄関口、山科にリニアとか通ったとして、駅名が
「新京都」とか改名されたりしたらイラっと来るような気はします(笑)。

by Kyo-to | 09 22, 2011 - URL [ edit ]

★pltr0さん

こちらこそご無沙汰してて申し訳ないんですが、
岡山は通過しただけで、主題は広島・島根・山口の旅でした(笑)。

D3SとD700を比べて別次元とまで言えるか自信はありませんが(笑)、
WBの精度の高さと、AFの精度っていうか食い付きの良さは
同じレンズを使ってるのでボディーによる違いをすごく感じます。
あと、D3Sのファインダーとシャッター音の気持ちよさで
写真を撮る「気分」がかなりアガってる感じで
その辺が写真に出てるのかも?です(何じゃそら・笑)

ただ、疲れてきた時のカメラの重さによる身体へのダメージは
ホントに別次元になった、というのだけはハッキリ断言できます(泣)。

by Kyo-to | 09 22, 2011 - URL [ edit ]

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。