RSS
プロフィール

Kyo-to (キョート)

Author:Kyo-to (キョート)

線路を走るのは何でも「デンシャ」ぐらいのユルさで鉄道旅を通して出会った風景や人、古い駅舎や古い町並みを記録していきたいと思っています。時々、地元京都。
リンク、そして古い記事でもコメントなど、お気軽にどうぞ。

※万が一、写真を気に入ってもらえて、私的な保存などは構いませんが、改変・転載等は勘弁してください。


JWordクリック募金


recommend_bnr03.png

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
メールでのご意見・ご質問はお気軽にコチラへ

お名前:
アドレス:何か入力しないと送信できないみたいです
件名:
本文:

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RIP Marco Simoncelli

10 27, 2011 | その他

2 Comments
marco080927.jpg
10月23日、MotoGP第17戦マレーシアGP決勝レースでの事故で、
24歳のイタリア人ライダー、マルコ・シモンチェリが還らぬ人となってしまった。
荒削りで、転倒かお立ち台かって走りだったけど、才能はホンモノだった。

写真は2008年、日本GPもてぎツインリンクスでの
予選後のピットウォークの時のもの。
義務はないのにファンサービスで姿を現したのはマルコただ一人。
こんなところが多くの人に愛された。

まだ信じられないけど、これを見てると泣けてくる…。

撮影日:2008年9月27日
カメラ:Nikon D300 + AF-S DX NIKKOR 16-85mm f/3.5-5.6G ED VR

「東北関東大震災」支援クリック募金

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ 拍手も併せてありがとうございます

« 長電長野線 #1  長野~権堂  〔長野県〕 長野電鉄屋代線 #END ひとまずさよなら、屋代線 〔長野県〕 »

- Comments
2 Comments

いつも彼らは急ですよね。
ラリー界のシモンチェリ、コリン・マクレーも突然であっけないものでした...
R.I.P.

by バナOKA | 11 03, 2011 - URLedit ]

★バナOKAさん

お返事が大変遅くなって申し訳ありませんでした。

昨年は富沢祥也、07年は交通事故でノリック、03年の加藤大治郎…
僕の一番古い記憶はF1のセナですが、ホントにいつでも彼らは突然ですよね…。

by Kyo-to | 11 10, 2011 - URL [ edit ]

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。