RSS
プロフィール

Kyo-to (キョート)

Author:Kyo-to (キョート)

線路を走るのは何でも「デンシャ」ぐらいのユルさで鉄道旅を通して出会った風景や人、古い駅舎や古い町並みを記録していきたいと思っています。時々、地元京都。
リンク、そして古い記事でもコメントなど、お気軽にどうぞ。

※万が一、写真を気に入ってもらえて、私的な保存などは構いませんが、改変・転載等は勘弁してください。


JWordクリック募金


recommend_bnr03.png

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
メールでのご意見・ご質問はお気軽にコチラへ

お名前:
アドレス:何か入力しないと送信できないみたいです
件名:
本文:

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-10-07 #END  阿武隈急行  〔福島県~宮城県〕

11 29, 2011 | 阿武隈急行

6 Comments
111007_24.jpg
2011年10月7日、震災後初の東北旅1日目の終わりは、
福島から宮城県の槻木(つきのき)までの54.9kmを結ぶ第3セクター鉄道、
阿武隈急行(あぶくまきゅうこう)。

111007_25.jpg
槻木~丸森(まるもり)まで敷かれていた赤字路線の旧国鉄丸森線を引き継いで
昭和61年(1986年)に開業、同63年に福島まで延伸/全通。

111007_26.jpg
その名の通り、特に県境あたりでは阿武隈川に寄り添うように走ります。

111007_27.jpg
車両基地のある、梁川(やながわ)駅で。

111007_28.jpg
原発事故の影響が阿武隈川や一部のお米に顕れているというニュースを目にして心が痛みます。
こうして車窓から眺める東北の風景はただただ美しいというのに。
(※ 写真の田畑はニュース報道などとは何の関係もありません)

今回僕は福島のデンシャに乗りに来て福島で1泊しただけなので、
何も言えた義理ではありませんが、本当にくじけないで、と願うばかりです。
(1日目おわり)

撮影日:2011年10月7日
カメラ:Nikon D3S + Nikon AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

「東北関東大震災」支援クリック募金

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ 拍手も併せてありがとうございます





★旅メモ(つぶやきレベルの備忘録)

111007s_40.jpg
福島交通飯坂線(写真右)を往復の後、阿武隈急行線(同左)へ
乗り場は互いに同じホーム

111007s_41.jpg
福島を出てしばらく、矢野目信号場まではJR東北本線との共用区間
東北本線は北へ逸れ、阿武隈急行線は東へ

111007s_42.jpg
向瀬上(むかいせのうえ)駅の手前で阿武隈川を渡る

111007s_43.jpg
阿武隈急行8100系は2両で1セットの車両のようだ

111007s_44.jpg
列車交換待ちで数分停車した、車両基地のある梁川駅の駅舎

111007s_45.jpg
宮城県に入った、あぶくま~丸森間
最も阿武隈川沿いを走る区間だったと記憶している
あぶくま駅にはライン舟下りの乗り場もある

111007s_46.jpg
国鉄時代は丸森線の終着駅だった丸森駅
多分、当時とそう変わっていないのだろう、駅舎も「国鉄」なニオイがする

111007s_47.jpg
阿武隈川の支流・白石川を渡り終えると、間もなく終点の槻木
片道90分ほどの道のりなので、すっかり陽も傾いた

111007s_48.jpg
JR東北本線との共同使用駅、槻木の2番線南端が阿武隈急行の発着スポット
一部、東北本線を仙台まで乗り入れる便もある

111007s_49.jpg
槻木駅の駅舎

111007s_50.jpg
折り返しの便まで40分ほどあったので、駅周辺を散策、
古そうな「逢隈旅館」に出会う
帰ってから調べたら、うなぎ弁当が有名な現役の旅館だった
古い面白そうな町だと思ったが、このあたりは奥州街道の槻木宿だそうで、
他の場所ももっとちゃんと見とくんだったと後悔

111007s_51.jpg
阿武隈急行を往復して再び福島へ すっかり真っ暗
往路は中途半端な時間帯で割と空いてたが、復路はかなり混んでた

111007s_52.jpg
飯坂線と阿武隈急行も発着するJR福島駅
たまたま人波が途切れた際の写真になってしまったが、
駅の中も駅前もたくさんの人であふれた、
フツーの街の週末の光景にしか見えなかった

そんなこんなで、一日目は福島駅前のホテルに投宿

« 2011-10-08 #1  東北本線 福島~小牛田  〔福島県~宮城県〕 2011-10-07 #4  福島交通 飯坂線 曽根田駅  〔福島県〕 »

- Comments
6 Comments

こんにちは

まるもり・・・
そんなかわいらしい駅名があったとは
でも最近だったら あの いつでもどこでもでてくる子どもたちが歌って踊る あれが・・・アタマをよぎりました(男の子のほうは好きですけど) 

車両のあの座席 とってもいい色ですね
あったかくて ・・・きしゃに乗って旅がしたくなります

by Jam | 11 29, 2011 - URLedit ]

いつも見ています!

by kenji | 12 01, 2011 - URLedit ]

確かに、今まるもりと聞くとアレをイメージしてしまいますね…。
クロスシートのローカル2両編成、いい感じですね。
90分の旅も全然苦にならなさそうです。

最後の槻木の町並みがとても印象的でした。。。

by ねじまきてつや | 12 01, 2011 - URLedit ]

★Jamさん

お返事が遅くなって申し訳ありませんでした。

マル・モリ・マル・モリ!ですね(笑)←そのままやん
いやーホント、あの子たち働き(働かせ)すぎですよね?

阿武隈急行は全線単線の3セク鉄道ですが、電化はされててデンシャなんですけど、
赤いクロスシートは暖かみがあって良かったですよ。

by Kyo-to | 12 01, 2011 - URL [ edit ]

★kenjiさん

嬉しいコメントありがとうございます!

ともすれば「こんな旅行記(?)に何の意義が…」と
懐疑的になったりする時もありますが(苦笑)、
足跡だけでも残して下さるとホントに励みになります!

by Kyo-to | 12 01, 2011 - URL [ edit ]

★ねじまきてつやさん

丸森、マルモリ、マルマル モリモリ…やっぱこうなっちゃいますよね(笑)
いっそ「マルモリのおきて駅」に改名してもよさそうですが
早晩陳腐化するのは明白なのでやっぱナシで(笑)。

クロスシートはイイですねホント。実際終点までまったく苦になりませんでした。
槻木の町は一見したところ宿場町の町並みに見えなかったので油断してましたが
古い看板建築の商店とか「ニオイ」は感じてたんですよ…。
リサーチもせずガイド本も持たず、パケホのスマートフォンも持たず旅する僕は
こういう時「ホンマに失敗したなぁ」って地団駄踏むんです(泣)。

by Kyo-to | 12 01, 2011 - URL [ edit ]

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。