FC2ブログ
RSS
プロフィール

Kyo-to (キョート)

Author:Kyo-to (キョート)

線路を走るのは何でも「デンシャ」ぐらいのユルさで鉄道旅を通して出会った風景や人、古い駅舎や古い町並みを記録していきたいと思っています。時々、地元京都。
リンク、そして古い記事でもコメントなど、お気軽にどうぞ。

※万が一、写真を気に入ってもらえて、私的な保存などは構いませんが、改変・転載等は勘弁してください。


JWordクリック募金


recommend_bnr03.png

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
メールでのご意見・ご質問はお気軽にコチラへ

お名前:
アドレス:何か入力しないと送信できないみたいです
件名:
本文:

2011-10-09 #4  JR米坂線  〔山形県~新潟県〕

12 16, 2011 | デンシャ旅 -東北(JR)

4 Comments
111009_16.jpg
2011年10月9日、東北3日目。
山形鉄道完乗後は、今泉駅からJR米坂線(よねさかせん)へ。
非テツの旧友が新潟への仕事の出張の際に乗って「良かった」という路線です。

111009_17.jpg
坂町方面へ、旧白川信号場で山形鉄道(右)と分岐して西(左)へ。
今泉からここまでの1.8kmは山形鉄道との共用区間なんだそう。

111009_18.jpg
山形鉄道沿線同様の田園風景から西へ進むにつれ山深くなっていきます。

111009_19.jpg
トンネルをくぐり川を越えてまだまだ西へ

111009_20.jpg
羽越本線と接続する終点・坂町(さかまち)に到着。
確かに良いんですが、非テツの彼にとって非日常の体験だったからこそなんだろうな、
と、すっかりスレてしまった僕は内心思ったりもしたんですけど、
それよりも、何にも用がないのに新潟県まで一緒にデンシャに揺られていた、
旧友とのそんな時間の過ごし方が何だかとても得難いものに感じられました。
(つづく)

撮影日:2011年10月8日
カメラ:Nikon D3S + Nikon AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

「東北関東大震災」支援クリック募金

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ 拍手も併せてありがとうございます







★旅メモ(つぶやきレベルの備忘録)

今泉から11:01のJR米坂線下り1129Dに乗車 2両編成のキハ110系

111009s_32.jpg
今泉駅
『時刻表昭和史』に詳しかったと思うが、鉄道紀行作家の故・宮脇俊三氏が、
父親と玉音放送を聞いたという逸話の現場だと思うと感慨深いものが

111009s_33.jpg
米坂線1129Dの車内

111009s_34.jpg
萩生(はぎゅう)~羽前椿(うぜんつばき)間
山形鉄道沿線と変わらない田園風景

111009s_35.jpg
ちょっと魅かれる風情の手ノ子(てのこ)駅
このあたりから山へ分け入っていく

111009s_36.jpg
何度か川を渡るが、どれもキレイだ

111009s_37.jpg
11:59、越後金丸(えちごかなまる)駅
羽前から越後へ、駅名が示す通り新潟県へ入った

111009s_38.jpg
しばらく岩船ダム沿いを走る
この写真はそうでもないが、何となく「ミニ版」只見線のような光景が続いた

111009s_39.jpg
越後下関(えちごしもせき)あたりから再び田園風景になる

111009s_40.jpg
羽越本線と合流、SL時代の給水塔や車庫など機関区の跡が見えると、
もう終点の坂町 12:25着

111009s_41.jpg
僕と旧友ほか数人を除く乗客はみな、羽越本線の列車に乗り換えて去って行った

111009s_42.jpg
坂町駅
昭和38年(1963年)改築の国鉄時代の駅舎

111009s_43.jpg
駅舎からホームへ渡る跨線橋までの通路は風雪をしのげる構造
冬の厳しさが窺える

坂町駅前は閑散とした雰囲気ではあるが、飲食店やコンビニはある
昼食は色々店を物色した挙句、ナゼかコンビニで購入したカップ麺とおにぎりを、
駅の脇の公園で食べた
いいオッサンが二人でマヌケにもほどがあるが、何だかいい時間だったように思う

« 2011-10-09 #5  米坂線折り返し 米沢へ  〔新潟県~山形県〕 2011-10-09 #3  山形鉄道の旅の終わり  〔山形県〕 »

4 Comments

いいですね、公園でカップ麺(笑)
友人となら何しても良い思い出にできそうです。

Kyo-toさん、米坂線は初めてですか?
自分は未乗なので機会を窺っているんですが、過疎ダイヤってこともあり中々訪問できないまま現在に至ります。
風景は田園+ミニ只見線って感じなんですね。
冬の雪景色にはまた違った顔を見せてくれるかも、ですね。

by ねじまきてつや | 12 16, 2011 - URLedit ]

★ねじまきてつやさん

仕事も仕事以外もバタバタして無駄に忙しく、
お返事が大変遅くなって申し訳ありません!
師走は慌しくてイヤですね(泣)

米坂線は今回がまったくの初めての訪問です。
確かに、特に今泉~坂町間のダイヤがヒドいもんですが(苦笑)、
羽越本線から内陸の米沢への乗り換え客の需要はそれなりにあるみたいで、
今回、復路はまさかの立ち通しの憂き目にあったものの、
もっとまったり楽しめてたら車窓の風情は上々の米坂線を満喫できてたと思います。

あと数年前まで走ってたという国鉄型の車両だったら…とか、
そういうちょっとのことで印象が違ったりするんですが、
そうですね、雪景色の頃とか確かに良さそうなイイ路線なのは間違いないです。

by Kyo-to | 12 19, 2011 - URL [ edit ]

こんばんは。
比較的遅くまで国鉄時代の気動車が走っていた米坂線も、あるときに、あっという間にJRの車両に代わってしまいました。
http://kazetabiki.blog41.fc2.com/blog-entry-1290.html
特急の行き交う幹線から、新幹線の走る幹線へ、その間には素敵な時間の流れるこの路線があります。
冬は雪深く、夏は緑眩しい米坂線、また訪れたい路線の一つです。
なかなか過去の記事まで、全ては拝見できていないのですが、今日はこちらの記事に辿り着きました。
今後とも、宜しくお願い致します。
風旅記: http://kazetabiki.blog41.fc2.com/

by 風旅記 | 08 08, 2013 - URLedit ]

★風旅記さん

こんばんは。
こんな過去の記事まで遡ってご覧いただいてありがとうございます。

米坂線、車窓風景はちょうど秋で美しかったのは記憶してるんですが、
車両がおっしゃるように新型で、しかも復路で座席にあぶれて立ち通しだったのが
結果的に僕の中ではツライ思い出になってしまってます(苦笑)。
天気やその時の混雑状況などで印象ってすごく変化するものですね。

by Kyo-to | 08 08, 2013 - URL [ edit ]

管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)