RSS
プロフィール

Kyo-to (キョート)

Author:Kyo-to (キョート)

線路を走るのは何でも「デンシャ」ぐらいのユルさで鉄道旅を通して出会った風景や人、古い駅舎や古い町並みを記録していきたいと思っています。時々、地元京都。
リンク、そして古い記事でもコメントなど、お気軽にどうぞ。

※万が一、写真を気に入ってもらえて、私的な保存などは構いませんが、改変・転載等は勘弁してください。


JWordクリック募金


recommend_bnr03.png

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
メールでのご意見・ご質問はお気軽にコチラへ

お名前:
アドレス:何か入力しないと送信できないみたいです
件名:
本文:

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-11-05 #3  弘南鉄道 弘南線  〔青森県〕

03 09, 2012 | 弘南鉄道

6 Comments
2011autumn_12.jpg
2011年11月5日、震災後2度目の東北旅二日目。
弘南鉄道の駅めぐり、今度は弘前~黒石を結ぶ弘南線。

111105_13.jpg
もともと弘南鉄道として開業したのはこの弘南線の方で、
歴史も古く、駅舎も大鰐線とはまた異なる味わい。館田(たちた)駅。

111105_14.jpg
まるで映画のセットみたいな田舎館(いなかだて)駅。

111105_15.jpg
ところが!
僕の中では弘南鉄道訪問の最大の動機、楽しみで仕方なかった新里(にさと)駅が、
駅舎の意匠は踏襲されつつも真っさらに建て替えられてしまってて、
全身の力が抜けて打ちひしがれるほどのショックを受けました…(いやホント)。

興味ある方は相互リンクのPoWさんブログの旧新里駅写真などと比べてみて下さい

111105_16.jpg
そんな傷心を癒やすかのように、弘南線からの岩木山もやはり美しい…。

111105_17.jpg
終点の黒石(くろいし)駅。
かつてはここからJR奥羽本線/五能線の川部(かわべ)駅まで
またもう一つ、黒石線という路線が延びていたそうです。
(つづく)

撮影日:2011年11月5日
カメラ:Nikon D3S + Nikon AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ 拍手も併せてありがとうございます




★旅メモ(つぶやきレベルの備忘録)

弘南鉄道・弘南線。
引き続き一日乗車券「大黒様きっぷ」で駅めぐり。
上下線を組み合わせて周ってるので訪問時間はバラバラだが
便宜上、起点から訪問駅などを。

111105s_19.jpg
弘南線の起点、弘前駅。JR弘前駅に隣接。

111105s_20.jpg
弘前東高前駅。

111105s_21.jpg
そして新里駅(号泣)。
あんまりショックで信じられなかったので、運転士さんや黒石駅などで
思わず何度も確認してしまったが現実だった…。
何でも、駅の脇にSLを展示するのに伴って駅舎もリニュしたのだそうだ。

ホントに楽しみにしていて、ここで1時間ぐらい過ごす計画だったが
もう下車するのもやめた。

111105s_22.jpg
館田駅。

111105s_23.jpg
下車してないけど、弘南線の車庫のある平賀(ひらか)駅。

111105s_24.jpg
社殿風の駅舎、津軽尾上(つがるおのえ)駅。
音楽教室併設で、ピアノの音が流れてた。

111105s_25.jpg
田舎館駅。

111105s_26.jpg
尾上高校前~田舎館間の線路沿い、「道の駅いなかだて」に
黒石線を走っていた気動車が保存、っていうか
無茶苦茶な塗装で野ざらしにされている(泣)。

111105s_27.jpg
終点・黒石駅。

« 2011-11-05 #4  弘南線 田舎館駅/館田駅  〔青森県〕 2011-11-05 #2  弘南鉄道 大鰐線-2  〔青森県〕 »

- Comments
6 Comments

こんにちは

そうそう・・・・私の 女子4人での大学受験ぷち旅行メインは この路線です

千歳空港(新千歳ではなく)から青森の予定が大雪でなぜか三沢で飛行機降ろされ(汗)
うろたえる受験生たちに 三沢空港のやさしいおねーさんが
三沢駅から特急に乗せてくれるまでお世話してくれまして
国鉄色のきしゃにぎゅうぎゅうずめでの弘前入りで
そこで待ってた 友人のおにーさんが弘南鉄道の乗り場に連れてってくれて
ロングシートの古ーい列車に乗って 黒石まで行ったのです

弘前市内のお宿は高いし埋まってるしで 黒石駅前のお宿を取ってたのですが
ゆれる車内でとびかうおばあさんたちの津軽弁と 
お宿のおばさんによる「弘前と黒石じゃコトバもねぷたもちがう」という話
女子4人 すっかりここが自分たちの家のような 故郷のような きもちでした

お宿での受験の前夜でしたが 参考書など開かず
窓の外の黒石駅前のくすんで茶色の雪解け風景を見ながら
新沼謙治の「津軽恋女」を小さく合唱(夜だし他にも受験生泊ってたし)してました

受験当日のことはもう記憶なし(笑)
あまりに 黒石行の思い出が 濃くて・・・

4人とも合格通知をもらいましたが
うち一人はそのまま弘前のひとと結婚し
「ほんとに津軽恋女になっちゃったよね」と いまでも会うたびみんなでひやかします

もうあれから20年以上もたってしまってますが
黒石駅 なつかしくて 涙が出そうですねえ

by Jam | 03 09, 2012 - URLedit ]

あぁ、新里駅。
他の素敵な駅がかすむくらいの存在感です(悲)。

予め知っていたなら諦めもついたでしょうけど、現地でこれを知った時のKyo-toさんのショックを思うと・・・。
これで弘南鉄道が嫌いになってしまってないかと心配ですわ。

僕もこれを教訓に、今後古い駅舎の駅を訪問する際はそれが健在かどうかは調べてから行くようにしよう。

by PoW | 03 10, 2012 - URLedit ]

僕もPoWさんの日記で新里駅の存在を知りましたが…。
もうないんですね…。寂しいです。。。
自分も古い駅舎などを訪問する際には直前チェックすることにします…。
自分がKyo-toさんの立場だったと思うだけで、身悶えしてしまいます。

by ねじまき | 03 10, 2012 - URLedit ]

★Jamさん

お返事が遅くなって申し訳ありません。
路線にまつわる素敵な思い出話、
まるでその時ご一緒させていただいたかのように楽しく拝見しました!
ハプニングが起きた時のほうが印象に刻まれる、ということと
やっぱ鉄道ってイイなぁ、っていうのを改めて痛感しました。

特に後者は、例えばこれがクルマだったら、
「国道○号線の××交差点で」なんて話だと「どこだよ!(笑)」って
なかなか実感できる人は少ないと思いますけど、
路線や駅にまつわる思い出というのは、たとえ廃線になっても
共有できたりする人の数や思い入れの強さは鉄道ならではだな、って感じます。

by Kyo-to | 03 11, 2012 - URL [ edit ]

★PoWさん

何度もブログ記事を引用させていただいてすいませんでした(汗)。
しかしホント、現地でこれを目にした時の僕のショックは、
PoWさんなら共感していただけると思いますし、
この無念さは一冊本が書けちゃうんじゃないか、ってぐらいですが(苦笑)、
弘南鉄道を嫌いになったりはしてませんのでご安心を(笑)。

僕のリサーチはいつも、現地での感動をスポイルしないよう、
仔細に知り過ぎないようにあまり写真のよくない(爆)Wikiでサッと済ますんですが、
その写真が古いことが多いですね…。新里駅もいまだに旧駅舎のままですし。

by Kyo-to | 03 11, 2012 - URL [ edit ]

★ねじまきさん

身悶えするほど共感していただけて恐縮&嬉しいです(笑)。
経験はありませんが、出会いナントカとかでめっちゃカワイイ写メの女のコに
実際会ってみたら「え"ぇーーーーーーっ!?」っていう、
身も凍るような体験だったと思ってます(笑)。

あまりのショックに終点の(他に有人駅がなかったので)黒石駅で、
その無念さを一生懸命伝えた時の駅員さんの困惑した表情も忘れられませんが、
いま考えたら弘南鉄道さんとしては良かれと思ってやったであろうことなので、
ちょっと取り乱すにもほどがあったな、と気に病んでもいます(苦笑)。
(クレームとかではなく、残念だと伝えたつもりでしたが)

by Kyo-to | 03 11, 2012 - URL [ edit ]

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。