FC2ブログ
RSS
プロフィール

Kyo-to (キョート)

Author:Kyo-to (キョート)

線路を走るのは何でも「デンシャ」ぐらいのユルさで鉄道旅を通して出会った風景や人、古い駅舎や古い町並みを記録していきたいと思っています。時々、地元京都。
リンク、そして古い記事でもコメントなど、お気軽にどうぞ。

※万が一、写真を気に入ってもらえて、私的な保存などは構いませんが、改変・転載等は勘弁してください。


JWordクリック募金


recommend_bnr03.png

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
メールでのご意見・ご質問はお気軽にコチラへ

お名前:
アドレス:何か入力しないと送信できないみたいです
件名:
本文:

2011-11-05 #6 END 南部縦貫鉄道 夕暮れ撮影会2011 〔青森県〕

03 14, 2012 | デンシャ旅 -東北(私鉄・三セク)

6 Comments
2011autumn_11.jpg
2011年11月5日、震災後2度目の東北旅二日目の終わりは、
南部縦貫鉄道レールバス愛好会七戸町観光協会主催の
『夕暮れ撮影会2011』ってのに参加してみました。

2002年に廃止され、その5年後にデンシャ旅に目覚めたマヌケな僕が
絶対に乗ることの叶わなかった鉄道にお目にかかれる千載一遇のチャンスです。

111105_31.jpg
保存されている当時の終点、七戸駅がその舞台。

111105_32.jpg
有志の方々の手により動かせる状態で整備・保存されているレールバス。

111105_33.jpg
乗ることは叶いませんでしたが、車庫の前に2両並べたりする際に
動く姿を見ることができました。

111105_34.jpg
車庫の中には国鉄型車両も。

14:00~18:30までの開催で、すっかり暗くなった17:00過ぎからの
1時間ほどしか僕は参加できませんでしたが、
大盛況の割には阿吽の呼吸で譲り合うような気持ちのいい人ばかりで、
「撮影会」なんて初めての、怒号が飛び交ったりする
イヤ~なイメージしかなかった僕もすごくイイ時間が過ごせました。
南部縦貫鉄道をホントに愛する方々が集まってたんでしょうね。

愛好会の方のHPにこの日の様子が掲載されてます。

(3日目へつづく)

撮影日:2011年11月5日
カメラ:Nikon D3S + Nikon AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ 拍手も併せてありがとうございます



★旅メモ(つぶやきレベルの備忘録)

弘前からJR奥羽本線下り659Mで新青森へ。

111105s_28.jpg
15:58、新青森駅。

111105s_29.jpg
16:08、新青森から東北新幹線はやて34号に乗車。

目的地の七戸十和田までたった一駅(運賃820円)だが、
特急券を買えば新幹線も乗れるスリーデーパスといえども、
全席指定の東北新幹線なので指定券だけで2,300円もする!
何とかなりませんか(泣)と弘前駅で聞いてみたところ、
立席特急券840円というのがあります、とのことで非常に助かりました。
空席があれば座っててもいいのでなおラッキー。

111105s_30.jpg
16:23、七戸十和田駅。
ここから16:37発の十和田観光電鉄バス(路線バス)、
「七戸市街十和田市方面行き」に乗車。

バス停「七戸案内所」で下車。

111105s_31.jpg
歩いて10分ぐらいで撮影会場、南部縦貫鉄道の七戸駅に到着。

着く直前にデカい人とすれ違って、あっ、と思ったらあの横見さんだった。
思わず声をかけたらすげぇ愛想悪かった(元々良さそうに見えないけど)。

111105s_32.jpg
駅舎&本社だったという建物の中には当時の色んなものが。

111105s_33.jpg111105s_34.jpg111105s_35.jpg
撮影会は誰にでもオープンでしかも無料だというのに、
心づくしの対応で温かく迎えて下さったスタッフの方々(一部)。感動。

さすがにここまで暗い屋外の撮影だと三脚の必要性を痛いほど感じた。
幸い高感度性能の高いD3sなのでISOを最大25600まで上げて
暗いレンズでも手持ちで何とかブレない写真を撮ることはできたけど、
三脚があるに越したことはない。
かといって、旅の他の場面で「あったら!」と思うことはないのだけど…。

18時過ぎに会場を後にし、再びバスで七戸十和田駅へ。

18:43、はやて40号で七戸十和田から八戸へ。
またもたった一駅だが、先と同じく立席特急券840円。
そして一応、八戸~新青森間の東北新幹線延伸区間完乗。

111105s_36.jpg
18:56、八戸駅。
八戸駅前のホテルに投宿。

« 2012-02-26  寝台特急 日本海 @ 京都駅  〔京都府〕 2011-11-05 #5  弘前の町  〔青森県〕 »

6 Comments

私が始めて東北を訪ねたのが1982年の今の季節・・・今でこそ近場専門ですが。
特急「はつかり」の車窓からちらりと見えたのがこのレールバスでした。
それから幾度となく東北には出かけましたが、南部縦貫は未乗のまま。
今も動態保存されてるとは奇跡ですね。

by サットン | 03 14, 2012 - URLedit ]

こんにちは。
南部縦貫鉄道はこれまでまともに認識したことがありませんでしたが、
レトロなレールバスがたまりませんね。
これは明るい時間帯より、灯りが映える夜の姿の方が良いですよ、絶対。
自分も是非参加したくなるイベントです。有志による無料イベント、というのがイイですね!
何気に廃墟感溢れる?七戸駅も魅力的だなぁ…。

by ねじまき | 03 15, 2012 - URLedit ]

★サットンさん

お返事が遅くなって申し訳ありませんでした。

1982年といえば、まだ国鉄の時代ですね。
「はつかり」ですか、イイなぁ、その頃の空気を僕は
無駄だと思いながらもいまデンシャ旅に求めてるんですよねきっと…。

野辺地駅でレールバスをご覧になったんでしょうか。
痛ましい姿だったとしても、当時は当たり前の光景だったんでしょうね。

by Kyo-to | 03 16, 2012 - URL [ edit ]

★ねじまきさん

僕が南部縦貫鉄道のレールバスを初めて目にしたのは、
デンシャ旅とは無縁だった頃に見た画家の原田泰治さんの絵でした。
http://www.torinome.net/gallery/gallery_a037.html
僕がローカル線のデンシャ旅に求める原風景かもしれません(笑)。

南部縦貫鉄道レールバス愛好会さんのイベントは
自信を持ってオススメします!
写真よりもっと暗くてよく見れなかった七戸駅舎も味わいに、
僕もまた行きたいです。

by Kyo-to | 03 16, 2012 - URL [ edit ]

こんばんは
線路っ端のトコマツです
いつも拝見させていただいてます

夜の撮影会、最高の雰囲気ですね!
このためだけに青森に行ってもいいです
昨年9月に私も訪問したのですが、突然にもかかわらずとても親切に対応してくださり感動したものです
東北の方々は本当に温かいです

それにしてもD3の高感度性能、恐るべしですね…

by トコマツ | 03 21, 2012 - URL [ edit ]

★トコマツさん

せっかくコメント下さってたのにお返事が大変遅くなって申し訳ありませんでした。

撮影イベントなどは初めてだったんですが、被写体も会場もとてもイイ雰囲気でした。
東北新幹線延伸で実際関東から日帰りの方も多かったですよ(笑)。
走行写真もいつも素晴らしいトコマツさんの撮られる南部縦貫鉄道もぜひ拝見したいです。

D3sの高感度性能には今回ホントに助けられました。
等倍で見るとノイズが気にならないワケじゃないんですが、
写真として破綻してないところに自分でも驚いてます(笑)。

by Kyo-to | 03 26, 2012 - URL [ edit ]

管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)