FC2ブログ
RSS
プロフィール

Kyo-to (キョート)

Author:Kyo-to (キョート)

線路を走るのは何でも「デンシャ」ぐらいのユルさで鉄道旅を通して出会った風景や人、古い駅舎や古い町並みを記録していきたいと思っています。時々、地元京都。
リンク、そして古い記事でもコメントなど、お気軽にどうぞ。

※万が一、写真を気に入ってもらえて、私的な保存などは構いませんが、改変・転載等は勘弁してください。


JWordクリック募金


recommend_bnr03.png

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
メールでのご意見・ご質問はお気軽にコチラへ

お名前:
アドレス:何か入力しないと送信できないみたいです
件名:
本文:

2011-11-06 #5  リゾートあすなろでJR大湊線  〔青森県〕

04 02, 2012 | デンシャ旅 -東北(JR)

2 Comments
111106_26.jpg
2011年11月6日、震災後2度目の東北旅3日目(最終日)。
ラストは「リゾートあすなろ下北」で往復した、JR大湊(おおみなと)線。
下北半島の西岸を縦走する盲腸線です。

111106_27.jpg

111106_28.jpg

111106_29.jpg

111106_30.jpg

最後の写真は風力発電用の風車群。有戸(ありと)~吹越(ふっこし)間。
荒涼とした風景と、六ヶ所村や東通村の核燃料再処理&貯蔵施設・原発など
昨今是非が問われている原子力関連施設の集中する下北半島を、
時間の都合とはいえリゾート列車で悠然と駆け抜けておしまい、
というのは、ちょっと何だか複雑な気持ちでした。
(つづく)

撮影日:2011年11月6日
カメラ:Nikon D3S + Nikon AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ 拍手も併せてありがとうございます




★旅メモ(つぶやきレベルの備忘録)

十和田観光電鉄に別れを告げ、
青い森鉄道の三沢駅から13:05の571Mに乗車。

111106s_36.jpg
13:30、野辺地(のへじ)着。
背後は日本最古と言われる鉄道防雪林。
夕暮れ撮影会の南部縦貫鉄道はここから七戸までを結んでいた。

111106s_37.jpg
野辺地駅舎。
東北本線八戸~青森間も三セク化されたので、
ここから分岐するJR大湊線は「飛び地」路線となった。

111106s_38.jpg
駅の横の観光案内所みたいな施設に展示されていた、
のへじ祇園まつりの山車飾り、11年の最優秀作品。
北前船で京都から伝わった祭と聞き、京都から来た僕には感慨深いものが。

111106s_39.jpg
祭に参加する方々の手作りだそうで、
職人はだしのクオリティーにビックリ。
いつか祭そのものもぜひ見てみたい。

111106s_40.jpg
野辺地14:10の8528D、臨時快速列車「リゾートあすなろ下北」3号に乗車。
全席指定。スリーデーパスなので指定券(大湊まで片道510円)のみで乗れる。

111106s_41.jpg
リゾート列車を名乗るだけあって、内装、シートなど居住性はすこぶる快適。

111106s_42.jpg
HB-E300系という、次世代ハイブリッド気動車。
ただイマイチ熟成されてないのか、一日2往復しかない当列車の
午前の便がトラブルで運休だったそうだ。乗れてラッキーだった…(冷や汗)。

111106s_43.jpg
有戸~吹越間は砂浜を、ってぐらい海岸ギリのところを走る。
穏やかな陸奥湾が怖いような美しいような。

111106s_44.jpg
全線単線の大湊線唯一の列車交換可能駅、
陸奥横浜(むつよこはま)で大湊線デフォルト車両のキハ110と列車交換。
ホントは地元の空気を感じながらこっちで旅したかった。

111106s_45.jpg
陸奥横浜駅は駅舎もイイ感じ。降りてみたかった。

111106s_46.jpg
本編5枚目の写真とは別の、陸奥横浜~有畑(ありはた)間にも風車群が。

111106s_47.jpg
観光列車らしく、通常の車内販売以外にも
NPO法人の方による地産品の販売も。

111106s_48.jpg
ほとんどの乗客は一つ手前の下北で降りたが、
15:02、終点・大湊に到着。
頭端式の、北の果てといった風情の終着駅。

111106s_49.jpg
最近リフォーム?リペイント?されたみたいだが大正10年築の大湊駅。
杉崎さんの著著でも何度も紹介されている名駅舎。

111106s_50.jpg
折り返しまで時間があったので、雨の中、海の方まで歩いてみた。
途中の、寂しいけど絵になる集落。

111106s_51.jpg
ものすごい、ゲージュツ的な廃屋も。

111106s_52.jpg
雨に煙って国籍さえ不明に思えるような港にたたずむ。
ここの象徴的な風景だという釜臥山(かまぶせやま)も見えず、
観光地の恐山(おそれざん)にも寄らず、僕はただ再び大湊線を折り返す。

15:50発、折り返し便の8734D「リゾートあすなろ下北」4号に乗車。

16:48、野辺地に再び戻った時には天気のせいか真っ暗だった。
新青森発着の「リゾートあすなろ下北」が野辺地を
スイッチバックで去って行くのを見送る。

« 2011-11-06 #6 END  震災後二度目の東北旅 index 2011-11-06 #4  さよなら、十和田観光電鉄  〔青森県〕 »

2 Comments

こんばんは。

新車ということもあって足元が広く快適
そうな車両ですがハイブリットディーゼルでも
車両トラブルが起きるんですね。

大湊線とJRと接続してる路線がなくなって
行きにくい場所になってしまったのは僕だけでしょうか?



by burning s | 04 05, 2012 - URLedit ]

★burning sさん

お返事が大変遅くなって申し訳ありませんでした。

リゾートあすなろ、なかなか快適な列車でしたよ。
メカの詳しいことは僕には分かりませんが、
確か前日も何かトラブってたみたいでした。

飛び地路線になった大湊線、辛うじて18きっぷの特例で訪れることも可能ですけど、
行きにくいイメージを抱くのはburning sさんだけじゃないと思います(笑)。

by Kyo-to | 04 12, 2012 - URL [ edit ]

管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)