RSS
プロフィール

Kyo-to (キョート)

Author:Kyo-to (キョート)

線路を走るのは何でも「デンシャ」ぐらいのユルさで鉄道旅を通して出会った風景や人、古い駅舎や古い町並みを記録していきたいと思っています。時々、地元京都。
リンク、そして古い記事でもコメントなど、お気軽にどうぞ。

※万が一、写真を気に入ってもらえて、私的な保存などは構いませんが、改変・転載等は勘弁してください。


JWordクリック募金


recommend_bnr03.png

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
メールでのご意見・ご質問はお気軽にコチラへ

お名前:
アドレス:何か入力しないと送信できないみたいです
件名:
本文:

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-04-30 #3  根室本線 狩勝峠、そして釧路へ  〔北海道〕

05 26, 2012 | デンシャ旅 -北海道(JR)

4 Comments
120430_9.jpg
2012年4月30日、GW北海道2日目。
フリーパスの旅の初日、特急「スーパーおおぞら」で釧路へ移動中。
ついに!絶景・狩勝峠(かりかちとうげ)越えの瞬間。

何よりまずこれが見たくて周遊初日にこのルートを選択したんです!
…が。
期待と妄想があまりに膨らみすぎてたのか、意外とあっさりっていうか、
思ったほどでもなかったかな?っていうのが正直なところです(苦笑)。

120430_10.jpg
鉄道紀行作家の故・宮脇俊三さんが著書で折に触れ狩勝峠を称揚されてたので、
それが1966年以前の旧線ルートの話だとアタマでは分かっていても、
僕の中ではもうすっかり北海道=狩勝峠という、夢の等式が出来上がってしまってたのでした。

いや、でももし何も知らずにこの光景に出会ってたらきっと印象は違ってたハズ。
申しぶんない天気の下、十勝平野を見おろしながら広大な斜面を駆け下っていく、
ちょっと他では味わえない体験だったな、と旅から戻ったいまは思います。

120430_11.jpg
狩勝峠を下り終えると、新得(しんとく)駅。
ここから列車は根室本線(ねむろほんせん)へと入ります。
(厳密には、新狩勝トンネルの上落合信号場から既に根室本線との重複区間なんだそうです)

120430_12.jpg
十勝平野を快走。
北海道初心者なので、風景の「北海道らしさ」に、いちいち感動しちゃうんですよ(苦笑)。

120430_13.jpg
札幌から2時間半、道東最大の都市、帯広に。

120430_14.jpg
さらに1時間ほど進むと厚内(あつない)あたりから線路は太平洋岸沿いを。

120430_15.jpg
「スーパーおおぞら」の終点、釧路に到着。
前年の特急火災事故を受けてトンネル内減速運転などが続いているので、
あらかじめアナウンスがあったように10分ほど遅れての到着です。
札幌を発って約4時間!だけど楽しくてあっという間でした。
(つづく)

撮影日:2012年4月30日
カメラ:Nikon D3S + Nikon AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ 拍手も併せてありがとうございます

★旅メモ(つぶやきレベルの備忘録)

120430s_10.jpg
トマムを発って新狩勝トンネルを抜けると「日本三大車窓」狩勝峠。
真の(?)狩勝峠はもう少し北にあって、旧線もそちらを通っていた。
難所だったため、勾配緩和で1966年(昭和41年)に現在のルートに変更された。
…生まれてねぇ(泣)。旧線、一度でいいから味わってみたかったなぁ。

120430s_11.jpg
本文2枚目の写真の一部が気になって拡大してみたら、シカでした。

120430s_12.jpg
北海道の人には日常の風景なんだろうけど、しかしホンっトにキレイだなぁ。

120430s_13.jpg
高架駅の帯広。都会だ。
国鉄時代、ここから士幌線(しほろせん)と広尾線(ひろおせん)が伸びていたそうだ…。

120430s_14.jpg
ワインが有名な池田。で、駅前にワインオープナーかい!(笑)
反対側の丘の上には「池田ワイン城」も。
2006年まで、ここから北見までを
北海道ちほく高原鉄道(旧国鉄池北線)が結んでいたそうだ…。

120430s_15.jpg
直別(ちょくべつ)あたりから湿原っぽくなってきた。

120430s_16.jpg
そんな中、ぽつんとたたずむ尺別(しゃくべつ)駅。

120430s_17.jpg
まだ最果ての地じゃないけど、心なしかさっきから
ずいぶんそんな雰囲気が濃厚に。

120430s_18.jpg
時刻表は10:51となっているが、特急減速運転の影響で
10分ほど遅れて釧路に到着。

map (3)
今回までで乗車済みの区間(赤線の部分)。
「乗りつぶしオンライン」にて作成。

« 2012-04-30 #4  釧網本線 釧路湿原  〔北海道〕 2012-04-30 #2  スーパーおおぞらで石勝線  〔北海道〕 »

- Comments
4 Comments

>シカでした。
さりげなく、どうでしょうの名台詞をいれてくるなんてさすがKyo-toさん(笑)。

狩勝峠は、旧ルート見てみたかったですよね。
タイムマシンがあるなら、北海道中を網の目のように鉄道が走っていた時代に行ってみたい今日この頃です(笑)。

by PoW | 05 26, 2012 - URL [ edit ]

★PoWさん

うは!「シカでした」の真意を見抜いて下さるとはPoWさん素晴らしい!!
おぉ、心の友よ!
(今度はドラえもんかい・笑)

おっしゃる通り、狩勝峠の旧線もさることながら、
標津線や湧網線、天北線に羽幌線、深名線etc…
名前を聞くだけでも旅情を感じる数々の国鉄時代の路線群、
乗ってみたかったですよねぇ(号泣)。
まぁ訪問日数はイヤというほどかかったに違いありませんが(笑)。

by Kyo-to | 05 27, 2012 - URL [ edit ]

こんばんは。

十勝のイメージからして畑や緑に囲まれてるの
見ると十勝やなと思います。

釧路まで行くと長い旅したなって僕も思います。

鹿たくさんいるから思わずシカいっぱいいんじゃんと
言ってしまいます(笑)


by burning s | 05 27, 2012 - URLedit ]

★burning sさん

事前に何も調べて行かないヤツなので、
漠然と「北海道」ってイメージしかありませんでしたが、
今回色々周ってみてやっと各地のイメージがインプットされました(笑)。

シカは、僕の場合 根室本線(花咲線)で一番遭遇した気がします。

by Kyo-to | 05 28, 2012 - URL [ edit ]

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。