FC2ブログ
RSS
プロフィール

Kyo-to (キョート)

Author:Kyo-to (キョート)

線路を走るのは何でも「デンシャ」ぐらいのユルさで鉄道旅を通して出会った風景や人、古い駅舎や古い町並みを記録していきたいと思っています。時々、地元京都。
リンク、そして古い記事でもコメントなど、お気軽にどうぞ。

※万が一、写真を気に入ってもらえて、私的な保存などは構いませんが、改変・転載等は勘弁してください。


JWordクリック募金


recommend_bnr03.png

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
メールでのご意見・ご質問はお気軽にコチラへ

お名前:
アドレス:何か入力しないと送信できないみたいです
件名:
本文:

2012-05-01 #1  釧網本線 湿原をゆく  〔北海道〕

05 30, 2012 | デンシャ旅 -北海道(JR)

2 Comments
120501_1.jpg
2012年5月1日、GW北海道3日目。
釧路6:06発、網走行きの釧網本線(せんもうほんせん)上り始発列車から
フリーパスの旅2日目をスタート。
666.2kmという、いま考えるとずいぶん欲張った、
今回の旅で最も移動距離の長い一日の始まりでした。

120501_2.jpg
霧につつまれた釧路駅をあとにします(列車最後尾から撮影)。

120501_3.jpg
見渡す限りの湿原の中を貫く1本のレール。日本の風景とは思えません。

120501_4.jpg
霧につつまれた湿原もまた素晴らしい。

120501_5.jpg
標茶(しべちゃ)で列車交換待ち。
ここ標茶は、明治20年の安田(財閥)鉱山鉄道開通にちなんだ
「道東の鉄道発祥の地」なんだそうです。

120501_6.jpg
湿原を抜け摩周湖や屈斜路湖を擁する山間部へ差し掛かると、日差しが。
というより、釧路一帯の霧のエリアを抜けたと言った方がいいみたいですね。

120501_7.jpg
名駅舎の呼び声高い、川湯温泉駅。ぜひとも途中下車したかったんですが…。

120501_8.jpg
峠越えを終えると、遠くに斜里岳(しゃりだけ)を望む牧歌的な風景が広がります。
釧路を発って2時間あまり、間もなく列車は知床斜里(しれとこしゃり)へ。
(つづく)

撮影日:2012年5月1日
カメラ:Nikon D3S + Nikon AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ 拍手も併せてありがとうございます




★旅メモ(つぶやきレベルの備忘録)

2012年5月1日(火)
フリーパスの旅2日目。

120501s_1.jpg
霧につつまれた釧路駅。ホントに霧の濃い街なんだなぁ。
よく見たら改札脇に「霧の都くしろへようこそ」みたいなコピーが掲げてあった。

120501s_2.jpg
6:06発の釧網本線上り4726Dに乗車。
GWとはいえカレンダーでは平日なので、通学生などで混んでいるかと思ったら
同輩のいわゆる「乗りテツ」らしき乗客数名のみ。
ともあれ、座って車窓を楽しめるのでよかった。

120501s_3.jpg
前日、ノロッコで降り立った釧路湿原駅。
天気が違うとまた別の場所みたいに見えた。

120501s_4.jpg
ま、マジっすか!!タンチョウ!?
5月にいると思ってなかったので油断しきっててちゃんと撮り損ねた(号泣)。
トリミングで拡大した写真です。

120501s_5.jpg
釧路湿原=幻の魚イトウと「釣りキチ三平」で刷り込まれてるので
水を見ると釣りキチの血が騒ぐ。はぁー、イトウ釣ってみてぇ…。

120501s_6.jpg
6:44、茅沼(かやぬま)。
TVなどで見た「タンチョウの来る駅」はここなんだ。

120501s_7.jpg
6:59、標茶。交換待ちで6分停車。
特急では味わえない、鈍行列車のこんな時間が好きだ。
標茶は、1989年までここから分岐していた標津線の起点駅でもあったそうだ。

120501s_8.jpg
花咲線に続き、釧網本線にもダルマ駅が。南弟子屈(みなみてしかが)。
他に五十石(ごじっこく)と美留和(びるわ)駅も。

120501s_9.jpg
7:46、川湯温泉。
途中下車のプランは立たず涙を飲んだが、
固唾を呑んで異様な山容の硫黄山に見入った。

120501s_10.jpg
川湯温泉あたりからの峠越えの山間は晩秋を思わせる風景だった。
いつ、どこを旅してるのか時々ふと分からなくなる。

120501s_11.jpg
下り列車が待つ、緑(みどり)駅へ。
山間の何もないような駅に見えたが、おじいさんが一人乗ってきた。

120501s_12.jpg
斜里岳、キレイだなぁ。

« 2012-05-01 #2 釧網本線 オホーツク海に沿って 〔北海道〕 2012-04-30 #5 END  根室本線 東の果てへ  〔北海道〕 »

2 Comments

その昔、梅田辺りの丘釣りで伊藤さんを釣り上げたことが・・・

え?お呼びでない??

by mack | 05 30, 2012 - URL [ edit ]

★mackさん

本日の釣果はオヤジギャグのmackさん1ピキか………

釣り、やめよ………

by Kyo-to | 06 01, 2012 - URL [ edit ]

管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)