FC2ブログ
RSS
プロフィール

Kyo-to (キョート)

Author:Kyo-to (キョート)

線路を走るのは何でも「デンシャ」ぐらいのユルさで鉄道旅を通して出会った風景や人、古い駅舎や古い町並みを記録していきたいと思っています。時々、地元京都。
リンク、そして古い記事でもコメントなど、お気軽にどうぞ。

※万が一、写真を気に入ってもらえて、私的な保存などは構いませんが、改変・転載等は勘弁してください。


JWordクリック募金


recommend_bnr03.png

カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
メールフォーム
メールでのご意見・ご質問はお気軽にコチラへ

お名前:
アドレス:何か入力しないと送信できないみたいです
件名:
本文:

2014-03-22 #06  西武ドームへ 西武狭山線  〔埼玉県〕

04 20, 2014 | 西武鉄道

4 Comments
140322-56.jpg
2014年3月22日(土)、西武鉄道全線制覇の旅1日目・第6回。
吾野駅から池袋線を西所沢(にしところざわ)駅まで戻り、ここから分岐する狭山線(さやません)へ。土地勘のない僕のような異邦人にはどこへ向かうのかピンと来ない路線名ですが、列車の行先表示は「西武球場前」となっています。

140322-57.jpg
西所沢駅。大正4年(1915年)開業、昭和4年(1929年)、武蔵野鉄道山口線(現在の狭山線)が開通、分岐駅に。

140322-58.jpg
西所沢を15:48に出発。途中駅はこの下山口(しもやまぐち)駅のみ。

140322-59.jpg
単線で住宅地の中を通り抜けていきます。西武球場があるような気配が全然しません(苦笑)。

140322-60.jpg
15:54、西所沢から4.2km、わずか6分で終点・西武球場前駅に到着。

140322-61.jpg
改札口に立ってようやく「球場前」な実感が。

140322-62.jpg
っていうか、駅の目の前がドーーン!と西武ドームじゃないですか。僕は断然サッカー派なので野球は正直どうでもいいんですけど(苦笑)、同じスポーツ愛好家としてこれは羨ましい環境。

140322-63.jpg
西武球場前駅。昭和4年の開業から幾度かの改称を経て、昭和54年(1979年)の西武ライオンズ球場(現・西武ドーム)開設により現駅名に。でもナゼか「西武ドーム前駅」には改称されてないんですね(笑)。

ところで「狭山線」という路線名ですが、球場ができる前は狭山湖(山口貯水池)への観光輸送を担っていた経緯によるらしく、当駅の球場開設前の名も「狭山湖駅」だったそうです。

140322-64.jpg
大勢の観戦客を受け止めるキャパたっぷりな感じの、3面6線の広大な頭端式ホーム。

140322-65.jpg
居並ぶ西武鉄道の車両。っていうかこの日この時、オープン戦が行われてたようで、これらはそのために待機してたみたいですね。ちなみに試合結果は「西武 12-8 DeNA」。前日はロッテに負けてたらしいので、僕が来たとき勝ったのは何か嬉しい(笑)。

140322-66.jpg
「埼玉県&西武沿線感謝デー」なんてのもあるんですね。限定の範囲が何かちょっとウケます(笑)。

(つづく)

撮影日:2014年3月22日
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 + OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 拍手も併せてありがとうございます

2014-03-22 #05  西武秩父、御花畑、吾野  〔埼玉県〕

04 18, 2014 | 西武鉄道

4 Comments
140322-46.jpg
2014年3月22日(土)、西武鉄道全線制覇の旅1日目・第5回。
西武秩父線の終点・西武秩父駅。昭和44年(1969年)の西武秩父線全通時に開業。

140322-47.jpg
駅舎併設のアーケード街、西武秩父仲見世通り。

140322-48.jpg
西武秩父駅のすぐ脇を、秩父鉄道が走っています。連絡線も通じていて、乗り入れる便もあるそうです。

140322-49.jpg
秩父鉄道に乗り換えるなら、御花畑(おはなばたけ)駅。西武秩父駅のホームからも見える位置にあります。秩父鉄道は全線制覇済みですが、この駅は未訪問だったのでついでに寄ってみました。路地裏みたいなところに出入口があり、しかも副駅名「芝桜駅」の方が目立ってて若干ややこしい…。

140322-50.jpg
駅前…というか路地に、すりガラスと切り文字看板がサイコーに渋いレストラン。残念ながら営業されてる様子はありませんでしたが…。

140322-51.jpg
西武秩父駅に戻って、13:38発の列車で西武秩父線を折り返し。

140322-52.jpg
池袋から、カメラを手にずっと車両先頭に立ちっぱなしの奇人くんでしたが(苦笑)、復路は席に座って旅気分も味わおう。

140322-53.jpg
14:10、吾野駅で途中下車。往路にすっ飛ばした、池袋線の終点/西武秩父線の起点駅です。昭和4年(1929年)の開業時は武蔵野鉄道の終着駅でした。

140322-54.jpg
駅舎正面の、昭和な感じの売店がサイコー。

140322-55.jpg
ハイカーの方々の憩いの場となってるみたいで、ワンコ連れで来られてた方にお願いして撮らせていただいた一枚。

(つづく)

撮影日:2014年3月22日
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 + OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 拍手も併せてありがとうございます

2014-03-22 #04  西武秩父線へ  〔埼玉県〕

04 17, 2014 | 西武鉄道

4 Comments
140322-34.jpg
2014年3月22日(土)、西武鉄道全線制覇の旅1日目・第4回。
池袋線・飯能(はんのう)駅から12:14発の西武秩父(せいぶちちぶ)行きの列車に乗車。池袋線のつづき、そして西武秩父線の終点を目指します。何かまた違う車両が登場、4000系、だそうですが、でもこれはいわゆる「ライオンズカラー」で西武っぽい。

140322-35.jpg
飯能駅を出発。池袋から続く複線を右手に見ながら、左手の西武秩父方面へ向かう単線へ。ナゼだかスイッチバック形状のメンドくさい配線になっていて、直通の特急列車は方向転換が、普通列車は運行系統が変わって本数が減り、乗り換えが必要になる、という感じです。

140322-36.jpg
池袋線はこの先、吾野(あがの)駅まで続きますが、車窓風景も「池袋」との関連性を見つけるのが難しい鄙びた趣きに(苦笑)。実質、池袋線はさっきの飯能駅までと考えてもよさそうなぐらいです。

140322-37.jpg
山中をのんびり走って12:37着/発の吾野駅で池袋線が終わり、そのまま西武秩父線へ直通。吾野駅の先に、西武建材吾野鉱業所のホッパーが。現役ですが既に鉄道からダンプ輸送に切り替わって引き込み線はありません。前身の武蔵野鉄道が、こうした石灰石輸送を目的に飯能から延伸した歴史の名残り。
ちなみに起終点駅は必ず訪問、と豪語しながら吾野で降りてませんが、復路に寄ることにしました。

140322-38.jpg
ということで吾野からは西武秩父線の旅にスイッチしてますけど、ところどころ複線になったりもしつつ、列車交換待ちがあったりハイカーの方々が乗り降りしたりと「The ローカル線」な雰囲気は飯能からずっと変わらず。

140322-39.jpg
日陰には雪も残ってたり。トンネルも多く、途中に信号場を備えた長さ5km近くにもおよぶ正丸(しょうまる)トンネルなんてのもあります。

140322-40.jpg
そんなトンネルや鉄橋で峠を越し、ようやく下りに差しかかったところに、横瀬(よこぜ)車両基地。毎年10月にはここで基地公開イベント「西武トレインフェスティバル」が催されるんだとか。
それはそうと、池袋駅で朝に見たレッドアロークラシックがこんなトコで休んでるじゃないですか。何でも、「鉄コン(鉄道コンパ)」の臨時列車だと駅員さんにお聞きしたんですが、まさか参加者のみなさんまで中で「休憩」してんじゃないだろな!?(まぁお下品)

140322-41.jpg
とまれ、その車両基地のある横瀬駅を過ぎると秩父盆地とその街並みがひろがってきて、西武秩父線の旅も終わり。

140322-42.jpg
13:02、終点の西武秩父駅に到着。

140322-43.jpg
車止めから振り返ると長く広いホーム、先に飯能駅を発ったニューレッドアロー・特急「ちちぶ」と、その向こうに武甲山(ぶこうさん)。いやー、気持ちのいい景色の終着駅だな。

140322-44.jpg
池袋から76.8km、池袋線(57.8km)&西武秩父線(19.0km)の旅が終わりました。

140322-45.jpg
これで3/12路線を制覇…とか、この景色に出会えたらどうでもよくなってくるな(笑)。武甲山は秩父鉄道訪問の際にも目にしたハズだけど、痛々しかった石灰石採掘の傷跡も雪化粧のおかげでどこか神々しさすら感じられます。

(つづく)

撮影日:2014年3月22日
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 + OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 拍手も併せてありがとうございます

2014-03-22 #03  池袋線 大泉学園に飯能  〔東京都~埼玉県〕

04 16, 2014 | 西武鉄道

6 Comments
140322-23.jpg
2014年3月22日(土)、西武鉄道の旅1日目・第3回。
豊島線を折り返し、練馬駅から10:45の列車で池袋線の旅を再開。地下鉄っぽいのが来たなと思ったら、東京メトロ有楽町線直通用に設計された車両だそう。でもって西武オリジナルなんだって。何か全然、西武のイメージじゃない…。

140322-24.jpg
10:52、石神井公園(しゃくじいこうえん)駅停車中。向かいのホームには東急の乗り入れ車両。首都圏の大手私鉄めぐりの旅は気を抜くと、どこの鉄道を訪問してるのか見失う瞬間があります(苦笑)。

140322-25.jpg
10:55、ぜひとも訪問してみたかった駅で途中下車。その名は大泉学園(おおいずみがくえん)!

t-walker.jpg
「水曜どうでしょう」ファンの僕としては、この場所に立ってみたかったワケです(笑)。
「東京ウォーカー」という、羽田空港からまさかホントに歩かされるとも知らずに大泉さんが安易に選択してしまったスポットを巡る企画でしたが、ただ残念ながら1998年放送当時と駅の様子が変わってしまったようで、まったく同じ光景には出会えませんでした。

140322-26.jpg
北口の方がまだ面影があるかな。ところで、この時は「どうでしょう」しか眼中になかったんですが、帰ってから調べたらここ大泉学園はマンガ家の松本零士さん在住の地とのことで、ご本人の協力のもと地域振興のみならず西武鉄道車両のキャラクターラッピングなど、氏のマンガ/アニメ方面で色々盛り上がってるみたいですね。

140322-27.jpg
さて、11:16の列車でまた池袋線のつづきへ。

140322-28.jpg
11:19、保谷(ほうや)駅停車中。「保谷」の行先を掲げた列車がよく目につくと思ったら、多くの各停列車の折り返し駅らしいです。

140322-29.jpg
埼玉県に入って、新宿線と接続する一大ターミナル駅・所沢(ところざわ)を発ったのは11:34ごろ。その新宿線をオーバークロス。

140322-30.jpg
航空自衛隊の基地がある入間(いるま)を過ぎたあたりから車窓風景はかなり長閑な感じに。

140322-31.jpg
12:00ちょうど、大泉学園から乗った列車の終点・飯能(はんのう)駅に到着。左手にはニューレッドアロー、特急「ちちぶ」も停まってます。

140322-32.jpg
路線図ではまだ先があるのに、何と行く手を消防署に阻まれ線路も途切れています。どうなってんの!?
…って一瞬思いましたが、そういえばスイッチバック(方向転換)が必要な構造の駅だとどこかで小耳に挟んだ覚えが。

140322-33.jpg
飯能駅。起終点駅でも何でもないけど、大正4年に武蔵野鉄道が武蔵野線として池袋からここ飯能まで開業したのが池袋線のルーツ、ってことで、それを乗り終えての表敬訪問とでも言っておけば形になるかな。
実のところは先へ進む列車の出発まで14分あったので駅前に出てみただけだし、それに今回はどう見積もっても明らかに「大泉学園にビビッと飯能(反応)の巻」でしたけども(オヤジ)。

(つづく)

撮影日:2014年3月22日
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 + OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 拍手も併せてありがとうございます

2014-03-22 #02  西武鉄道 豊島線  〔東京都〕

04 14, 2014 | 西武鉄道

4 Comments
140322-13.jpg
2014年3月22日(土)、西武鉄道の旅1日目。
ではいよいよ、池袋9:27発の保谷(ほうや)行き普通列車で、二日間にわたる西武鉄道全線制覇の旅の第一歩をスタートさせます。

seibu-railway-map.jpg
池袋線、西武秩父線、西武有楽町線、豊島線、狭山線、新宿線、拝島線、多摩湖線、国分寺線、西武園線、山口線、多摩川線の計12路線を擁する西武鉄道。

140322-14.jpg
まずは池袋線を西進。9:36、練馬(ねりま)駅に到着。最初の途中下車を敢行します。

140322-15.jpg
練馬駅。大正4年(1915年)、前身の武蔵野鉄道の駅として開業。ここで下車したのはいつもの、各路線の起終点駅は必ず訪問する(外から駅舎を眺める)というマイルールに則ってのこと。

140322-16.jpg
ということで、いきなり池袋線の旅を中座することになりますが、ここ練馬駅を起点とする豊島線(としません)へ。10:02の豊島園(としまえん)行き列車に乗り換え。

140322-17.jpg
高架の練馬駅を発つと上下線の狭間を地上へと降りていきます。

140322-18.jpg
地上へ降りたと思ったらもう終点の豊島園駅。たった1.0km、2分間の旅。

140322-19.jpg
長くて広いホームは親子連れでいっぱい。

140322-20.jpg

140322-21.jpg
豊島園駅。昭和2年(1927年)、武蔵野鉄道の駅として開業。

140322-22.jpg
駅名の通り、駅前が遊園地「としまえん」。お金も時間も余裕がないので入園もせずに手前のベンチで朝食代わりのパンを食べただけでしたが、釣り竿を持った人やコスプレ姿の女子たちも行き交ってちょっと面喰いました(笑)。
※室内釣り堀やコスプレイベントがあるらしいです

ともあれ、まずは1/12、完乗。

(つづく)

撮影日:2014年3月22日
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 + OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 拍手も併せてありがとうございます

2014-03-22 #01  西武鉄道 池袋駅  〔東京都〕

04 13, 2014 | 西武鉄道

10 Comments
140322-1.jpg
2014年3月22日(土)。
初日を京王電鉄で過ごした三連休の首都圏大手私鉄めぐりの旅。残り二日間は、西武鉄道の全線制覇を目指します。
雑に周れば一日でも可能かもしれませんが、12路線、総延長が179.8km(旅客営業キロ176.6km)と日本の私鉄では5番目に長い営業キロ数を誇る西武鉄道、いろいろと面白そうだし、余裕をもってトライしたいと思ったんです。

140322-2.jpg
ということでまずは池袋線の起点、池袋駅からのスタートです。

今回、西武鉄道訪問にあたって利用したのは、どういうワケだか東急さんから発売されている「東急 西武線まるごときっぷ」という西武鉄道全線乗り放題のフリー切符。東急沿線でしか購入できないため、この旅の宿泊地をわざわざ東横線の祐天寺に設定しました(笑)。ちなみに祐天寺駅からの発売額は1,600円(4月増税後は50円アップしてます)。いいの!?ってぐらいお得です。

140322-3.jpg
自動改札機が列をなす池袋駅改札口。

140322-4.jpg
頭端式ホーム4面4線の、ターミナル駅らしいターミナル駅。

140322-5.jpg
大正4年(1915年)開業の池袋駅。同年、池袋~飯能間を開業した武蔵野鉄道の武蔵野線が池袋線のルーツ。

140322-6.jpg
現在の西武鉄道のシンボル列車だという「スマイルトレイン」が池袋駅を発っていきます。

140322-7.jpg
「スマイルトレイン」で僕も出発しようかとも思ったんですが、駅の雰囲気が好みなのでもうちょっと観察することに。

140322-8.jpg
4面あるホームすべての10両編成化対応で増設されたという屋根の採光スタイルがナイスです。

140322-9.jpg
っていうか、一番端っこのホームに「レッドアロー」がいるじゃありませんか!

140322-10.jpg
正しくは「10000系ニューレッドアロー」をかつての名車5000系のイメージでラッピングした「レッドアロークラシック」っていうんだそうですが。

140322-11.jpg
あと、やっぱ西武といえばこの色、このカオ。

140322-12.jpg
どちらも富山地方鉄道や近江鉄道など、僕にとっては地方私鉄の譲渡車両で親しんできた「西武」のイメージ。いよいよ本家に初めて、そして本格的にお邪魔します。

(つづく)

撮影日:2014年3月22日
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 + OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ 拍手も併せてありがとうございます

« Prev Page